第2回鹿児島ラーメン王決定戦予選1位「五郎家」を食して想う鹿児島ラーメンの世界

スポンサーリンク

そろそろこの問題を鹿児島ラーメンファンは議論する時が来ているのでは?

前回の第1回ラーメン王決定戦のときから気になっていた鹿児島のラーメン「五郎家」。

鹿児島の実家からも遠いことがあって。

また、その周辺に用事があることもなく。

食べに行く機会を逸し続けていた「五郎家」。

第2回ラーメン王決定戦で予選で「1位」ということで、この機を機会に食べに行かなくては!

ということで行ってきました。

下調べせずに行くから

鹿児島でもいろんなラーメン屋さんに行っていますが、基本「下調べ」はしません。

せいぜい場所くらい。

どんなラーメンがあるのかとは、お店にいってから知ります。

そして、今回の「五郎家」も例外なく下調べなく行ってきました。

goroya-gaikan

場所はこちら。

鹿児島市からは少し離れた場所にあります。

街を抜け、山間のニュータウンのような住宅街を抜け、そろそろ山が近い。

そんなロケーション。

市内からであれば車で 20,30分くらいでしょうか。

場所としてはそんなに恵まれているとは言えない立地ですが、

土曜の13時半ごろお店に着いたんですが、まだ列が結構ありました。

この日は結構寒かったのですが、待ち時間長かったです。

さすがに鹿児島ラーメン王予選一位です。

あんまり並びたくない方は、ご注意を。

そして、さらにお店についてから重大な事を知ってしまったんですが・・・。

キャベツ入ってるじゃねーか!

そう。私にとって天敵とも言える「キャベツ入りラーメン」。

五郎家のラーメンは、そのキャベツ入りラーメンだったのです。

これは大誤算。

なぜラーメンにキャベツを入れるのか?

鹿児島出身、鹿児島育ちですが、このキャベツが入ったラーメンがどうしても馴染めない。

前回、第1回予選1位だった「ざぼんラーメン」もそうです。

その他「くろいわらーめん」「十八番ラーメン」など、鹿児島の定番と呼ばれるラーメン店には「キャベツ」を入れる店舗が多いです。

しかし、私はこのラーメンが大の苦手なのです。

鹿児島生まれだというのに、なぜこんなことに・・・。

母親の料理で唯一文句をつけたキャベツ入りラーメン

私の母は女手ひとつで私と、私の弟を育て上げてくれました。

とても感謝しています。

働いていた母は忙しくても、私達兄弟に手料理を作ってくれました。

そんな母の料理に文句をつける筋合いなど私にはありません。

しかし。

しかしですよ。

どうしても、キャベツ入りラーメンだけは無理でした。

これだけは言いました。

ラーメンにキャベツを入れるのはやめてくれ」。

唯一、母の料理で文句をつけたのがキャベツ入りラーメンでした。

それくらい馴染めないんです。キャベツ入り。

決してキャベツ嫌いじゃないんですよ。

福岡の焼き鳥屋さんでは生のキャベツを突き出しで出すお店がありますが、普通にバリバリ食べます。

むしろ好きなくらいです。

しかし、ラーメンの味を邪魔するキャベツはどうしても嫌なんです。

関東にも多くのファンがいるという「うまかっちゃん」のとんこつ味にキャベツ入れてみてください。

キャベツの味しかしないですから。

五郎家のラーメンに話を戻しますが・・・

五郎家のラーメンには、「キャベツ」がたっぷり入っています。

軽く湯通ししてるとは思いますが、ほぼレアなキャベツがたっぷり入っています。

注文したのは「おなじみラーメン」。

goroya-onajimi

キャベツ入っているラーメン嫌なら頼むなよ。

ってことかもしれませんが、できれば初めてのお店では、オーソドックスな商品を食べたいというのがあるんです。

そして、これだけ鹿児島県下で評価されているなら、私のキャベツ入りラーメン嫌いを覆してくれるかもしれないじゃないですか。

そういった希望もあって注文したんですが。

ちなみに、こちらは頼んではいませんが「辛ネギラーメン」には、キャベツが入っていないと思われます。

もしかしたら、こっちを頼んでいたらもっと違う評価がだったのかもしれません。

こちらの辛ネギラーメンはおそらく、あくまでおそらくですが。

福岡のラーメン店「郷家」のラーメンに似ているのでは?と思っています。

いざ、おなじみラーメンを実食

一口で、完全敗北しました。

ごめんなさい。

私には、どう食べてもキャベツ味でした。

麺を食べようが、スープを飲もうが「キャベツ味」。

どうしようと小刻みに刻まれたキャベツが、ラーメンにスープに混ざり込みます。

どの角度から切ってもキャベツ。

麺の食感もキャベツのせいで全然判りません。

自分自身が勝手にキャベツ入りラーメンの新しい世界を見せてくれるかもしれないと期待して、勝手に自滅したわけですが。

それにしても、これが予選一位なのか・・・。

私の食の感覚と鹿児島県民のみなさまの食の感覚はだいぶ違うのかもしれません。

前回も予選一位は「ざぼんラーメン」。

私はこちらも合いません。

キャベツ入ってるし。

まあ、食べ物の味の好みなんて千差万別。

まして私の好みの味が絶対とは思いません。

もちろん、五郎家が美味しいという方が大勢いらっしゃるというのも判ります。

ただ、私個人の意見としては、美味しくないです。

なぜなら、キャベツ味だから。

鹿児島ラーメンには、「キャベツ」が入るべきなのか?

福岡に住み始めた頃、福岡の三越で鹿児島物産展がありました。

鹿児島の物産品はもちろんのこと、ラーメン店など飲食もありました。

私が鹿児島出身ということもあって職場の方と「鹿児島ラーメンでも食うか。」

と、食べに行ったんですが。

確かそのときのサプライヤーさんは「くろいわラーメン」さんだったと思うんですが・・・。

最初から「キャベツ?ちゃんぽん?」と、見た目からツッコミが。

私以外、福岡出身 3 名、東京出身 1 名で行ったんですが全員ひとくち食べて箸がとまりました。

「味薄!スープなんか甘い!やっぱり、ちゃんぽん?キャベツの存在感が半端ない!」

と、酷評されました。

この時、私の心境は複雑でした。

ひとつ。キャベツが邪魔だと思う人がいること。私だけじゃないというのは嬉しかったです。

ひとつ。鹿児島ラーメンが不味いと言われたこと。

これはこれでショックでした。

いや、自分自身が美味しいと思ってないんでですね(キャベツ入り)・・・。

とはいえ、県外の人間に酷評されるとショックです。

特に博多の人間に言われたというのがショック。

博多ラーメンと、鹿児島ラーメンでは全国的にも普及度が違いますし。

そもそも鹿児島ラーメン自体が確立されていないですし・・・。

博多に勝てる見込みなんてないんですよ・・・。しかし。

「まずい!」

といわれたら、「いや、鹿児島独自の旨いラーメン屋はこんなにある!

と、言い返したくなるのが郷土愛だったりしませんか?

それがまずいなら、こっちはどう?

くらい言いたいじゃないですか。

ずーっと前から「県外の人にも好みに合わせて鹿児島ラーメン紹介できるようになりたい!」とは思っていました。

そんなときに始まったのが、「鹿児島ラーメン王決定戦」だったのです。

これは、是非、勉強させてもらおう。

ということで、鹿児島ラーメンを色々と試しています。

中には、「キャベツ入りラーメン」のように個人的には相容れない物もあります。

でも、こういうのが好きな方もいらっしゃるわけで。

残念ながら、そういった方と価値を共有する事はできません・・・。

しかし、それならそれであなたのタイプは「五郎家」なら合うかもしれない・・・。

と、おもむろに鹿児島ラーメンを語れる度量くらいあっても良いじゃないかなと。

鹿児島ラーメン王も第2回を迎えた訳ですし

そろそろ、この鹿児島のラーメンにキャベツが入っている事はもう少し話題になっても良いのかなと。

それってチャンポンやないけ!とか。

キャベツ味やないか!

とか。

それとも「ヘルシー」なのか。

はたまた旨いのか。

私の知る限り福岡県民と、東京都民に聞く限りはキャベツ入りは「クレイジー」という評価が多いです。

まあ、鹿児島ラーメンなんて鹿児島県内で消費されていればそれで良いという意見もあるかもしれません。

しかし、私は「濃ければ良い(偏見)」的な久留米系ラーメンに唯一毒されていない鹿児島ラーメンこそ、九州でもっと名を挙げてほしい!

と、思っています。

だからキャベツをどけろ!とは思ってません。

ただ、もっとこれだけ特徴的なのだから、もっと議論に上がっても良いでしょう!

と、思っています。

賛否両論あってこそ、盛り上がるモノだと思うので。

その上で、あえて言わせていただきたい。

五郎家さん、ごめんなさい。キャベツは無理っす。

私の中では、ワーストです。

チャーシュー、ギョウザにしても、五郎家さん行くぐらいなら「柳右衛門さん」行きます。

私は、こちらをオススメします。

【鹿児島ラーメン】チャーシュー激ウマ!柳右衛門の「王道」な鹿児島ラーメンを堪能しました!
鹿児島ラーメン 柳右衛門へいってきました 年末ということで鹿児島に帰省しました。 昨年の「鹿児島ラーメン王決定戦」を受けて、鹿児...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク