【鹿児島】焼酎おもてなし条例可決。お酒の飲み方も考えてはどうでしょう?

スポンサーリンク

もはや最近の流行りですね・・・

京都や、佐賀で「乾杯条例」なるものが制定されていますが、鹿児島でも「焼酎おもてなし条例」が制定されました。

焼酎おもてなし条例:鹿児島県で成立…需要拡大狙い

もはや、これらに差はないように思いますが、「おもてなししてね」と、規定しているのは鹿児島が初だとか・・・。

サッカーの下手なブラジル人

私は鹿児島出身ですが「焼酎」を飲みません。というか、基本お酒を飲みません。

これを話すと、多くの方は「がっかり」というか、「サッカーの下手なブラジル人」を見るような目つきで見てきます。

なんだ、鹿児島人なのに酒豪じゃないのかと・・・。

そりゃ、ブラジル人でもサッカーが下手な人もいれば、鹿児島人でもお酒を飲まない人はたくさん居ますからね。

こんな条例をつくるくらいなら・・・

一般的な理論ではありませんが、「お酒を飲まない」私と同年代くらい(30代前半〜20代後半)くらいの意見で多いのは、

「親、親戚、または他の大人の飲み方を見ていて、自分は酒は飲むまい」と心に誓った方が多いです。

実は、私もそうです。父、祖父がお酒にだらしなく、子供ながらに「こうならないようにしよう」と思っていました。

成人してもお酒は飲まないし、良いイメージもありません。(あと、美味しいとも思いません)

実は、今の若者がお酒を飲まない1つの理由に「親世代のお酒にまつわるマナーの悪さ」を見ているんではなかろうかと感じています。

私は、味も受け付けないので、基本お酒と相性が悪いんだと思いますが、お酒に「マイナスイメージ」を抱いている人は多い気がします。

親だけに限らず、酒を飲んで管を巻いている大人は「ダメな大人=お酒はろくでもない」というイメージを持っているんではなかろうかと。

そういう意味では、ちょっと身近に感じにくい「条例」を作るよりは、酒飲みのマナーを改善を促した方がよっぽど貢献するんじゃないかなーと思います。

お酒ってカッコいいんだよ

と、感じさせたら少しは、俗に言う「若者のお酒離れ」というのも改善するんじゃないかなと思っています。

そのためには、子供にも見せれる飲み方をするべきだなと思います。

鹿児島は焼酎生産全国1位ということですが、「飲み方」もちゃんと確立していただきたいなあと。

家族の情けない(そんな状況まで飲む)姿を見て喜ぶ子供や孫は居ませんからね。

私の親戚、その他周辺にはそういう飲み方をする方が多いです。

中学時代の野球部の顧問もだらしなかったです・・・。二日酔いで野球の試合に来てましたからね・・・。

教育者なんですけどね・・・。

「だいやめ」(鹿児島弁で晩酌の意味)

って聞いて私はいいイメージが全くありません。

年末、年始で飲む機会も多いと思いますが、

まずはこういうところから改善しませんか・・・?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク