数学ブームってもう去ったのか?鹿児島にある「数学カフェ」が人気

写真参照:読売オンライン掲載

写真は数学カフェオーナーの上野さん

スポンサーリンク

一時期ブームだった気がする「数学」

数学がなんとなくブームだった気がするんですが、もうそのムーブメントは去ったんでしょうか?

個人的な記憶ですと、さきがけは

森 博嗣

数学者じゃないんですけど、「理系エッセンス」は、数学ブームの先駆けだったように思います。私も好きで、初期の頃の作品はひと通り持っています。

小川洋子

映画化もされた一冊。たまたま、ブームになる前に手に取った作品。面白かったですが、当時映画化されるとは思ってませんでした。

結城 浩

これもヒット前にたまたま手にしていた作品。正直私は面白くなかったんですが、結構売れましたよね。

マンガでわかるシリーズ

これは直接数学ではないものの、結構私の周りでも読んでる方がいて、「数学ブーム」の一旦を担いでたんじゃないかなと感じてます。

そう言えば最近「数学」的なものを以前ほどきかなくなったなあ。

と、思ったら、なんと鹿児島で数学カフェなるものが人気に。

その名前の由来は、このお店の営業スタイル。昼は、カフェ。夜は数学塾という二刀流なお店。

実際、店内の戸棚には、大学受験生に愛用者が多い数学の問題集「青チャート」を並べてあるそう。

また、塾だけではなくカフェというスタイルを活かした「ジョブディス」を開催。

ジョブデイズとは、医師や弁護士らを講師に招き、子どもたちに仕事や生活について語ってもらうプロジェクト。

ご自身が、子供の頃に「将来像を上手く描けなかった」という経験から始められた活動だそうです。

私も、学生時代に将来働くことについて、イメージが付かなかったクチ。こういう活動があるというのは非常に羨ましいです。

こちら、お店のブログです。

SANDECO COFFEE 【サンデコ珈琲】 ~ 数学カフェ / 数学塾 / ジョブディス ~

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク