【鹿児島】桜島の灰で西郷人形を今月から発売

スポンサーリンク

もってけ泥棒!灰ならいくらでもある!

鹿児島の灰。

なかなか有効活用の道がないのですが、ちょっとしたところで言うと

「甲子園の砂」にも利用されているみたいです。

鹿児島の球児が甲子園で砂を集めているのは僅かながら、灰たちの帰還を意味します。

鹿児島の灰で西郷人形

1Z20140207GZ0JPG00242300100

作ったのは、いま流行っている「鳥取砂丘の砂で作ったモアイ」で有名な建設会社「池原工業」(鳥取市)。

モアイは、こんな感じです。

dekosyoute

ここが、今度は桜島の灰で西郷人形を作ってしまいました。

鹿児島 PR としてはありがたい話です。

しかし、モアイと違って色が・・・。

また、西郷さんて・・・。

モアイはまだインテリアとしてイケそうですが、西郷さんはなんか、重いくないかなあ。

重ね重ね、色が・・・。

こっちでモアイ作ったほうがかっこ良くないかい?

と、思ったり。

灰を提供するのは鹿児島県垂水市。

桜島の灰で西郷さん人形
-photo.sankei.jp.msn.com

こちら、担当者もイチオシらしく、

垂水市は「灰ならいくらでも供給できる。たくさん売れて街中の灰を減らしてほしい」と全面協力の構え。

まあ、いくらでもありますからね。灰。

火山灰からエネルギーを取り出して、車あたりが走りださない限り、減らないかも・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク