【福岡県】今更ながら誰も聞けないPM2.5とは

スポンサーリンク

そもそもPM2.5とはなんなのか?

最近よく聞くPM2.5。

いまさら、そんなことを言ってるんですか。

と、言われてしまいそうですが「PM2.5」の原因とも言われる中国に近い福岡県在住である以上、ちょっと気にしてみようと思います。

中国からのPM2.5の影響は黄砂の影響時期と同じになると聞きますが、そうすると2月から4月というのがピークというわけです。

では、そもそもPM2.5とはなんなのか。

個人的な範囲でお勉強です。逆に言うと専門的知見に基づいている訳ではないので、その点はご注意を。

まずは、環境省のサイトでチェック。

【環境省】
微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

そもそもPM2.5とは、「微小粒子状物質」のこと。

こちらの資料によると・・・。

大気中に浮遊している2.5μm(1μmは1mmの千分の1)以下の小さな粒子のことで、従来から環境基準を定めて対策を進めてきた浮遊粒子状物質(SPM:10μm以下の粒子)よりも小さな粒子です。

なるほど、これまでの環境基準には含まれていなかった物質な訳ですね。

さらに。

PM2.5は非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が心配されています。

物質が小さすぎて、肺の奥深くまで入ってしまうことが「心配されている」

なんか、微妙な表現ですね。

まだ、詳細な事例がある訳ではない。ということでしょうか。

確かにあとから、「影響大でした!」なんて言われても遅いと言えば遅い訳ですからね・・・。

PM2.5ってどうやってできるのか

PM2.5ってじゃあどうやって発生するのかというと、発生源は2つ。

人為的発生(煙を出したりするような工場や車など)

自然発生(火山活動など)

と、テレビなどをみていると中国の大気汚染が取り上げられますが、自然的にも発生しているわけです。

また、PM2.5がどう発生しているかというと、

物が燃焼して直接発生する場合と、

ガス状大気汚染物質が環境大気中での化学反応により粒子化するもの

があるようです。

大気中の化学反応でできるんですね・・・。

PM2.5で何が懸念されているかというと

呼吸器疾患、循環器疾患及び肺がんというのが懸念されているようです。

実際、これらの様々な国内外の疫学知見を基に環境基準値が設定されているわけです。

それが、

1年平均値 15μg/m3 以下 かつ 1日平均値 35μg/m3 以下

という基準値。

この1日平均を超えると、注意喚起が行われます。

環境省のページにもありますが、こちらの注意喚起指針はあくまで「暫定的」なもののようです。

それによると、現在2つのレベルに分けて注意喚起が行われています。

レベル I:35μg/m3を超える場合
ー特に行動を制限する必要はないが、高感受性者は健康に影響がみられることがあるため体調の変化に注意。

レベル II:70μg/m3を超える場合
ー不要不急の外出や屋外での激しい運動をできるだけ減らす。高感受性者は体調に応じてより慎重に行動することが望まれる

ここで、言われている「高感受性者」というのは呼吸器系、循環器系疾患のある方や小児、高齢者の方です。

さらに確認すると、「小児」とは、15歳までの児童です。

PM2.5はどこで確認すれば良いのか

上記の環境省のサイトから、各都道府県の速報値を掲載しているサイトの一覧があります。

現在私が住んでおります福岡県ですと、こちら。

【福岡県】
大気測定結果(速報値)

LINE や Twitter でも速報値は配信されているみたいです。

火山と言えば・・・

あれ、火山と言えば鹿児島出身の人間としては「桜島」なわけですが、あの火山灰もPM2.5の対象?

桜島噴煙がPM2.5濃度に影響?関連は…
-/www.news24.jp

と、実際桜島の火山活動が、関東のPM2.5に影響するという調査結果も。

桜島

うーん。桜島ってだいぶPM2.5に影響している訳ですね・・・。

ただ、そうなると、PM2.5の影響が心配される「呼吸器系、循環器系疾患」が鹿児島では多いということ?

PM2.5の影響はまだ研究中

火山灰、桜島で健康調査 今秋にも国際チーム
-apital.asahi.com

2014年から桜島では国際医療チームの調査が行われます。

実際、PM2.5や毒性物質が懸念される火山灰ですが、降灰量と健康被害の定量的な関係など詳しいことはわかっていないそうです。

今回、桜島で調査が行われるのは、

「降灰量の多い地域に人口が多く、日本の医療に置ける個人データがちゃんと管理されている」というのが理由だそうです。

結局わからないこともまだおおいPM2.5?

端的に言えば、「備えあれば憂い無し」

ということだと思います。

結局、自分を守るのは自分と。

とはいえ、お子さんのいる家庭などは気になる数値ですよね。自分だけよければそれで良しではないです。

情報に振り回されるのも問題ですが、どういったリスクがあるということは把握しておきたいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク