アビスパ福岡が経営難でJリーグ退会も

スポンサーリンク

Jリーグの初期は九州の希望だったんですが

まだ、Jリーグに参加するチームが今ほど多くない頃。アビスパ福岡は間違いなく、九州のサッカーの希望だったと思います。

サッカーに比べて明らかに野球ファンな私ですが、それでも九州のサッカーチームと言えば「アビスパ福岡」であると。

そんなアビスパ福岡が経営難でピンチ。

アビスパ危機 経営難 資金5000万円不足 Jリーグ退会も

現在、5000万円の資金不足という事ですが、これはあくまで「当面」の問題。

ここをしのいだとしても、経営面で苦しいことには変わらず。

記事抜粋ですが、

Jリーグのクラブライセンス制度では、2012年度から3期連続赤字もしくは14年度決算で債務超過のクラブはリーグ退会となる。福岡は本年度約1億円以上の赤字となる見通しで債務超過になる可能性が高い。Jリーグの理事は「経営が苦しい現状は把握している」と語った上で、給与遅配が続くなど経営改善が見られない場合、「クラブライセンス剥奪も考えないといけない」と語った。

とのこと。

アビスパ福岡ですが、私の中では久永辰徳選手でしょうか。(名前からお父さんはジャイアンツファンではないかと)

同郷鹿児島出身の選手です。鹿児島実業高校卒業後、アビスパ福岡からレンタルで横浜Fマリノスへ。その後大宮アルディージャへ移籍し、再びアビスパへ。最後は地元のヴォルカ鹿児島にて引退しています。

高校時代からも際立ったプレイヤーではありませんでしたが、ソツのないサイドのMFプレイヤーだったと、記憶しています。(サイドバックもやったりしてましたよね)日本代表で言えば、元鹿島アントラーズで日本代表になり、ベガルタ仙台で引退した平瀬選手と確か、鹿児島実業の同級生です。

平瀬選手は、実業時代から将来性を期待された存在でしたが、失礼ながら久永選手が14年もプロでキャリアを続けるとはアビスパ福岡へ入団した際には想像もしませんでした。

と、私の中では久永選手=アビスパ福岡。くらいのイメージなんですが、そんなアビスパ福岡が経営難・・・。

福岡の地下鉄のあちこちに、「行くぞ!!J1」なんてポスターが貼ってありますが、どことなく寂しげです。

avispa

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク