桜島が大噴火。地元民でもお目にかかれないレベルで

スポンサーリンク

鹿児島出身の私ですがちょっと記憶にない噴火です。

鹿児島の桜島大噴火です。

写真を撮れなかったのが残念です。

リンク先桜島の噴火記録だと、最後が2000年の10月が大きかったようです。
ただ、この時私はすでに鹿児島を離れていたので見ていなかったんです。

よってこんな大きな爆発は初めてです。

噴煙の高さは5000m以上です。このくらいになると、降灰があった地域では、車はライトを付けないと走れないほどです。

で、よく聞かれるのですが、灰が降るのは一部です。噴火があったからといって、鹿児島中が灰だらけになるわけではありません。
せいぜい2の市町村が巻き込まれる程度です。

降る場所はだいたい風向きで決まります。鹿児島に住んで長い方は噴火して噴煙が上がれば大体どこ方面で降るか分かります。
また、天気予報では桜島上空の風向きが定番です。

ちなみに桜島ですが、噴火は今月で2013年500回を超えています。
地元の人もこの回数すべてを体感してるわけではないですが、結構な回数、噴火してるんですよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク