【もうすぐ開幕】西武ライオンズの現状をオープン戦を考慮しつつ考えてみる

スポンサーリンク

そろそろオープン戦も中盤戦を迎えているわけですが

さて、今年の西武ライオンズはどうなることでしょう。

ということで、ちょっと、現状を整理。

打たないランサム

これは、もう予感的中としか言えません。

オープン戦いまだノーヒット。(3月8日横浜戦第1打席までの時点)

オープン戦からやたら打つ新加入の助っ人も怖いですが、打たなすぎるのも怖い。

2打席程度しかその姿を見てませんが、内容が良いようには見えず・・・。

おかわり不在

今年も怪我がちであることを予感させらる現状。

体重が重い分、膝やった時点で心のどこかで「終わった」と思っている節も。

ただ、そうではない!と思いたい葛藤。

ただ、お相撲さんも膝やると、苦戦しますよね・・・。

今シーズンも居ないと思ったほうがよいのでは・・・。

地味な一塁手不在問題

オープン戦やら練習試合でよく見られた「ファースト、ひちょり」

え。そのメリットって?

と思わずにはいられないのですが。

3月8日横浜戦のスターティングメンバー、一塁「鬼崎」。

浅村のセカンドはわかりますが、それで良いのか!?

外野手強打者不在問題

おそらく

レフト:栗山
センター:秋山

とりあえず、実績含め上記2人は確定。

ですが、この2人ぱっと見た成績以上に長打力がありません。

あと、問題は、ライト。昨年もライトのポジションは金子が守ったり、坂田が守ったりと、適任とは思えない人選もありました。

正直プロのライトは、「のび太くん」のポジションではないはず。

左打者のドライブのかかった打球を処理する守備力に、イチローの代名詞「レーザービーム」のように3塁への送球があります。

進塁を許さないためにも非常に重要かと。

ココに誰が入るかですが、個人的には「木村」を押したい。

なぜなら、長打力がほしいから

昨年の西武ライオンズの課題は、「長打力の不足」と個人的には分析しています。

打者の評価する数値は多々ありますが、この長打力で見ておきたいのが、「IsoP」です。

いわゆるセイバーメトリックスの数値ですが、OPS(長打率)より、「長打を打つ力」を示す数値です。

長打率というとOPSが有名ですが、この数値は「単打でも上がる」という不思議な傾向があります。

よって、IsoPなわけです。

算出方法としては、「長打率 – 打率」です。

これで、昨年のチーム別 IsoPを見てみます。(Data Room by Academic Ball Parkを参照させていただきました)

IosP順位 チーム名 IsoP 長打率 出塁率
1位 ソフトバンク 0.135 0.409 0.339
2位 楽天 0.112 0.379 0.338
3位 ロッテ 0.112 0.374 0.331
4位 日ハム 0.111 0.368 0.326
5位 オリックス 0.110 0.366 0.323
6位 西武ライオンズ 0.106 0.363 0.331

恐ろしく低い西武ラインズ。明らかに「貧打」なのです。

もちろん、この数値を改善すれば優勝できるのか?

というほど単純な話ではありませんが、どう考えても「攻撃力の改善」は必須課題。

昨年の西武はとにかく単打しか出ない。

というチームだったわけです。

おかわり不在とかいう問題じゃありません。

とにかく打者の小粒感が半端ない。

そこで、外野にはぜひ、「木村」に期待したいわけです。

なぜなら、長打が期待できるから。(バットにボールが当たる前提ですけど)

もう一度問題を整理すると・・・。

新外国人ランサム、長打どころか、ヒットもでない

おかわり不在(近年の怪我の多さ)

三塁、一塁に長打の選手がいない(ひちょり、鬼崎、ランサム)

外野手争いは、熊代、斎藤とロングヒッターじゃない選手が多い

外野手確定の栗山、秋山はIosPが0.18、0.74とすでに長打を打つ選手じゃない。

3塁は、ランサムではなく巨人から片岡の人的補償でやってきた「加藤」が入るかもしれません。

小柄なイメージですが、走塁を含め、「2塁打」を打つ技術はあると思ってるので、ランサム問題はある程度カバーできるかも?

と、すでに今シーズンも「攻撃力の改善」が非常に難しい事態が予測される事態に。

もちろん、単純に「長距離打者がいれば良い」ということでないのは、過去のジャイアンツで証明はされています。

が、西武ライオンズは近年「中継ぎ俺達問題」が根深かかったわけですが、このままでは「超絶貧打」という問題が顕著化しかねないのでは?

と、個人的には感じているわけです。

おかわり、開幕間に合ってくれー。

その後も長くでてくれー。

と、願わずに入られません・・・。

そして、この記事を書いている最中、3月8日横浜DeNA戦で大活躍の木村選手に改めて、期待です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク