ダルビッシュが西口っぽい人だと判った日。ダルはノーヒッターになれるのか

スポンサーリンク

これはいつか来た道

ダルビッシュ!またか!

そう思った方は多いでしょう。

アメリカでもデジャヴに引っ掛けて「デジャユー」なんて報道されているようですが・・・。

先日岸投手がノーヒットノーランを達成したときは、パリーグTVで観戦できた訳ですが。

【西武ライオンズ】岸 ノーヒットノーラン!

この日はYahoo!ニュースで8回までノーヒットを知ることに!

テレビだ!ってあれー・・・マー君じゃん

こんなときこそ「BS1」でしょ!

と、テレビをつけたんですが、やってたのは「ヤンキース戦」

あれ、マー君じゃん。

いや、正直ですね。この時点でイヤな予感はしたんですよ。

これは星の巡りが悪いぞとw

テレビをあきらめ、Yahoo!に戻ったら

案の定、ヒットを打たれたあとでした。

むーん。残念。なわけですが、これはですね。西武ファンにとっては、「デジャユー」どころじゃない。

いつか来た道なわけでして・・・。

西口さん、ダルはノーヒッターになれるでしょうか

「マツコ&有吉の怒り新党」で紹介されて以来、ちょっと有名な話にはなりましたが・・・。

そう。Mr 「ノーノー未遂」こと我らが西武ライオンズ、西口文也投手。

ダルは2度目ですが、西口さんは4度も経験がある訳です。

はい。「マツコ&有吉の怒り新党」では「新・3大『西武・西口投手の哀しい勝利』」として紹介されてます。

実際、9回2アウトは2回。延長10回までいって、1回失敗してますので、最後の最後でやられたのは3回です。

世間でも3回失敗と言われています。

でも、ノーノー未遂という意味では、4回やってるんです。西口さん。

1996年の近鉄戦で、初回にヒットを打たれたあと、ずっとノーヒットノーランという未遂も起こしてるんです。

1安打で試合終了してるので、これも立派な「ノーノー未遂」

この先こんなピッチングをしていればいつか達成するさ

レンジャーズ監督のロン・ワシントンもこうコメントしています。

ダルビッシュがノーヒッター逃すも「いずれ達成するだろう」と指揮官
-headlines.yahoo.co.jp

そう。西武ファンも当時思っていたんです。

伸びのあるストレートと、キレッキレのスライダーとフォークを武器に踊るようなピッチングをしていた西口さん。

ブライアントが全然違うところを振って三振している様を見て誰もが「いつか達成するはず!」

そう思っていました。

1996年最初の「気がついたら、ノーノー未遂でした」事件以来、誰もがそう思ったはず。

それがいつの間にか、こんな事態ですよ。

ノーヒットノーラン達成できなくても、今でも自分にとって「ライオンズのエースは西口文也」です。

ダルビッシュだって達成できなくても、きっと「日本人のエース」として記憶されるでしょう。

ただ、達成するかしないかで言えば、「達成できた方がよい」のは間違いありません・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク