【ライオンズ】小谷野にも中島にも振られ・・・

スポンサーリンク

松坂には声をかけていないけど

西武の FA 戦線は残念ながら、シーズン同じく連敗です。

もともと FA を取らない(取れない)方針の球団なので本気度はわかりませんが・・・。

3塁を任せる事の出来る強打者探し。

というのが FA の1つの課題だったとは思いますが、小谷野、中島とオリックスへ持っていかれました。

声をかけていたかは判りませんが、松坂もソフトバンクへ。

もとの球団へ戻るという選択

メジャー帰りの選手が元いた球団に帰る。

というのは、考えられる選択肢ですし、報道でも取り上げられます。

しかし、松坂にしても中島にしてもライオンズ出身ですが、ライオンズには帰ってこないだろうなと思ってました。

自分を育ててくれた球団へ帰るというのは「筋」なんて表現もありますが・・・。

サラリーマンの感覚じゃあ、ないよな

プロ野球選手になったことはないので、プロ野球選手の気持ちもわかりませんし、ましてメジャーから帰国したこともないので全くの想像ですが(笑)

サラリーマンの転職の感覚で行くと、まったくないですよね・・・。

元の会社に戻るという選択肢。

基本転職って、いろいろ事情があるとは思いますが「ステップアップ」ですよね。

ステップアップで移籍しているのに、元の球団に戻るというのはないですよね。

プロ野球選手もそうなんじゃないかなと。

お金もあるでしょうが。

そりゃ、評価の高いところへ行きたいと思うのはステップアップだからですよね。

と、個人的に思っています。

私だって、転職するとして給与が下がるのは嫌です。

私の力を最大に評価してくれるところが良いですよね。

だから、元の球団に戻るのはホント選択しがなくなった時なんだと思います。

メジャーには行ってませんが、今年から広島に戻った新井や、メジャー帰りだった岩村とかですね。

多分、元居た球団への感謝はあると思います。

私も最初に就職した会社への感謝はありますし。

ただ、今後そこへ帰ることがあるかというと、よっぽど事情が無い限りないですよね。

だから、基本的に帰ってきてほしくない

選手が移籍をステップアップと考えている以上、元いた球団に帰ってくることは稀。

帰ってくるときは、ほんとに行き先が無いときだけ。

だと思っています。

だから、ほか球団へ行くことはむしろ「当たり前」と思っています。

なので小谷野だけが残念

小谷野はちょっと残念ですかねー。

スラッガータイプの内野手は「おかわり」「メヒア」がいますが、できればサードにはタイプの違うミドルヒッターの勝負強い打者がいると心強いですよね。

来季も若手主体のチームですかね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク