西武ライオンズがどこよりもはやく30敗達成。伊原政権の継続性とは?

スポンサーリンク

なぜこんなことに・・・

うーん。監督がかわったらこうも変わりますかね。

という現状・・・。

優勝してもなかなか話題にならない西武ライオンズがYahoo!ニュースに出ちゃいましたよ。

渡辺監督が良かったのか?

個人的には渡辺監督の頃も

「勢いがないと勝てない」

「中継ぎが全く整備されない」

など、いろいろ不満はありました。

選手の集中力の欠如?なのか。なんかぬるーい場面もあり、「もっとキッチリした野球ができる人を監督に」という思いはありました。

そういった意味では、伊原監督のような「厳しい」タイプの監督というのは、旧来イメージの西武ファンにとってはある意味「歓迎」だったと思うんですが・・・。

西武ライオンズが弱い理由?気になるのは開幕戦からの「暗さ」

西武ファンのかたならご存知の通り、開幕の楽天戦は3連敗だったわけですが。

この時からすでに西武ライオンズは「暗かった」わけです。

とにかくやる気が感じられないというか・・・。

その嫌な予感はブログにも書いたとおり。

【西武ライオンズ】絶対やる気ないわ。開幕2連敗

選手が戸惑っている?

伊原監督がどのような方なのかはわかりませんが、以前オリックスで監督をされたエピソード。

テリー伊藤対談「山崎武司」(1)各監督との確執のホントのところ

オリックス在籍時の山崎武司 氏との話です。

まあ、この話の真意やら、誰が悪いのかは知りません。

山崎氏の一方的な話なので鵜呑みにする気はありませんが、少なくともこういった選手からは非常に不満を持たれた過去のある監督のようです。

あまりコミュニケーションが得意な方でもなさそうです。

野村監督との確執も有名ですしね・・・。

もしかしたら、渡辺監督の頃からガラッと野球観が変わったわりに十分なコミュニケーションというか、監督との意思疎通が不足してるのかもしれません。

選手も十分に理解できず、戸惑っているようにも見えます。

ただ、数年前から「弱い」前兆はあったわけで

上記のような開幕当初から気になっている点をクローズアップすると「伊原監督のまずさ」を疑ってしまうわけですが・・・。

ただ、渡辺監督の時代も今のような事態があったかというと、あったわけで。

2011年シーズンですが、最下位で前半戦を折り返し、借金は最大15ということがありました。

この年は後半盛り返して、借金完済の上、3位に滑り込みました。(4位オリックスとは勝率1毛差)

すでにあの時点から「弱い西武の兆し」はあったんですよね。

今、あらためて思い返してみればですが。

まだ、当時は渡辺監督が「継続」していたことによる「底力」みたいなのはあったのかもしれません。

しかし、今は監督も変わって積み重ねた「継続」という力もない。

選手も「どうしていいかわからない」という状態ではないでしょうか。

近年パ・リーグは6球団の戦力がわりと拮抗しています。

チームの状態がちょっとでも悪くなるとすぐ最下位が見えてきます。

あのソフトバンクですら、2008年には最下位になってますし・・・。

そういった意味では渡辺監督はチームの状態を、波はあったものの「良い状態」へ持っていくのが上手かったのかもしれません。

最終的に、3位以内をしぶとく連発していましたら・・・。

伊原監督の次は、潮崎2軍監督?

1年契約の伊原監督ですが、おそらくこのまま最下位なら契約更新はないと思います・・・。
正直好成績でも、来年は微妙な気が・・・。

そうなると次期監督候補はおそらく、潮崎2軍監督。

2011年、12年と編成に在籍して、その後2013年から監督として現場復帰しています。

この現場復帰の意味は「2014年シーズンまで務め上げて、晴れて1軍監督」というシナリオを予感させるには十分なのですが・・・。

今、パ・リーグを勝ち抜くに必要なことは継続性?

潮崎監督へのシナリオがあるとするなら、この伊原監督の1年ってどういう意味を持つのでしょう・・・。

もし、伊原監督に期待することがあるとするなら、「次期監督への上手なバトンリレー」でしょうか。

そうであるのなら、伊原監督が考える野球の延長線上に、潮崎監督の考える野球があることを願うばかりです。

ソフトバンクの強さは「資金力」もあるんでしょうが、王監督から続く、秋山監督の「継続性」だと思ってます。

渡辺監督のもっていた粘り強さも「2軍監督時代」から手がけた選手の育成という「継続性」が根底にはあった気がします。

ロッテが優勝した2010年(ペナントは3位でしたけど)。

西村監督は前監督であるボビー・バレンタインと、2004年からロッテでヘッドコーチを務めていました。

楽天も例外といえば例外ですが、野村監督→星野監督という阪神テンプレートが存在します。

そもそも星野監督も3年目ですし。

やはり、ある程度優勝するチームを作るには「継続性」が大事なんじゃないかなと思っています。

伊原監督には、その継続性にあたる「はじめの1歩」を作って欲しいのですが・・・。

さて、西武ライオンズは一体どこへ向かおうとしているのやら・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク