FAしたら追わない西武片岡も出ていくの?

スポンサーリンク

落合さん、勘弁してください

落合中日戦力補強へ 西武片岡を獲得調査

まだ、片岡選手自身が国内FAについて態度を明確にしていません。

西武残留も十分にあるわけですが、今シーズン終盤戦の活躍を見せられると「出て行かないでー」なのですが・・・。

涌井選手は既定路線でした。もう、コレは仕方なし。

ただ、片岡選手となると、現状ヘルマン選手の来年が謎なばっかりに去就は不安です。

正直、ヘルマン選手は綺麗に片岡選手の穴を埋めた存在だったと思います。(守備はちょっと違いますが)

ヘルマン選手がやってきてた年から、片岡選手の成績下降、怪我による長期離脱がスタートしています。

リードオフマン不在。という事態を救ってくれました。

基本、FAしちゃうと西武ライオンズという球団は「放出前提」が基本路線。

過去にもいろんな方スルーっと出て行きました。

まあ、それはそれで球団方針ですし、個人的にも「無理に引き止めなくて良くないかな?」と思ってしまうので、不満はないのです。

片岡選手の場合、評価が難しいのですが、この数年怪我に泣かされています。

また、今シーズン終盤は非常に良かったものの、最多安打タイトルに輝いていた頃がキャリアハイ。それ以降は成績は下降。怪我の影響で盗塁も激減。

守備の安定感ではチームトップクラスですが、冷たいチームだとFAしてくれて構わない。という判断もあっておかしくないかもしれません。

まだまだですが、若手の有望株も増えてきていますし。

ただ、聞こえてくるのは「存在感」という部分での評価。30歳を過ぎて「イケイケドンドン」だけじゃない「ベテランの味」のような雰囲気が出てきたように思います。

チームのリーダー的存在、ムードメーカーとしての価値は非常に高いと思います。

そういう選手には成績だけでなく、ぜひ長くチームにいて欲しいのですが・・・。

こればっかりは選手の権利でもありますし、ファンとしては見守ることしかできないのですが、できれば、西武でユニフォームを脱いでほしいなあ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク