【西武ライオンズ】オープン戦本拠地初戦でジャイアンツに快勝

スポンサーリンク

西武ライオンズ オープン戦 そろそろ本気モード?

オリックス戦に大勝し、楽天戦での初回からルブラン大炎上。

まあ、その後の展開はまずまずかなというライオンズ。

この日はホームでジャイアンツを迎えての試合です。

開幕も近くなってきて、そろそろ実践に近い調整が始まってきそうですが。

岸の投球内容

ちょっとボールが高いようにも思いましたが、キレの良さがあったのでしょうか。

ファールフライや、外野への上がるフライが多かったとこを見ると、ジャイアンツ打線を抑えこんでいたと言っても良いかもです。

ストレート主体で、チャンジアップをメインに組み立てていたように見えました。

6 回 1 失点(フォアボールの押出し)でしたが、その直前阿部に打たれた場面は高めのストレート。

押出しのフォアボールもですが、ストレートの精度は修正が必要なところかもしれません。

ジャイアンツの先発はマイコラス

新助っ人のマイコラスがジャイアンツの先発です。

初見だと長身から速い球を投げ降ろすタイプのピッチャーです。

縦割りのカーブなども使ってきます。

初回の秋山の三振をみていると、ちょっと打ちにくそう。

というイメージでしたが。

中村、浅村にホームラン

主軸に結果が出てるのは嬉しい限りです。

また、ここまでヒットが 1 本しか出てない浅村に HR が出たのは良かったですね。

田辺監督も、浅村の状態は上がってきているとのことだったので。

ちょっと安心できそうです。

キャッチャー争いは炭谷がリード

先日も気になっていたんですが、森のリードはまだまだな感じがしました。

また、今シーズンのオープン戦では炭谷は打撃もなかなか良い感じです。

この日もタイムリーに、ヒットとバッティングの結果がついてきています。

こうなってくると、炭谷が正捕手争いは一歩リード、いや、2歩ほどリードしているかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク