連敗4で脱出。いま西武ライオンズに足らないものって?

スポンサーリンク

ようやく連敗をとめたわけですが

連敗は止まったものの・・・。

あまり良い兆しはないような。

貧打が際立ってますが

チーム打率が低い。

これはもう誰が見てもわかりきっています。

昨年から、長打率の低さはダントツだったわけですし。

おかわりが、帰ってこないのは計算外だったかもしれませんが。

打撃の補強がランサムというのも・・・。

メジャー時代は「意外な長打力」を見せていたようですが、年齢がいかんせん。

打撃に関して、昨年の課題をなにも解決できていないので、最下位でも不思議ではないですけどね。

指名打者、ファーストに適任者なし

貧打の原因の象徴かもですが、強打者が入るポジションに適任者がいません。

オリックス戦まで指名打者には栗山が入ってますが。

さて、栗山が「指名打者」タイプなのかは謎です。

これまでずっと守備に着いていた選手は守備につくのも打撃のリズムだったりします。

このソフトバンク戦からは指名打者は大崎になりました。

案外やりにくさがあった?かもしれません。

記録にも、結果にも残りませんでしたけど

打撃だけでなく、守備もファーストは簡単じゃないです。

初回、本多の内野安打。

onisaki-first

せっかくうまく打球処理したのに。

ファーストの判断で、セーフに。

自分でベースを踏んでも良かったんでは。

去年はオーティズがファーストでしょうもない守備をしていました。

ある意味去年の課題を引きずっているとも言えます。

傷口は広がりませんでしたが、結構こういうプレーはがっくりきますよね。

いま西武ライオンズに足らないのは

適材適所?

一言で言うと、そんな感じです。

全員が「これで良いのかな?」と暗中模索しているような。

もちろん、去年と同じ役割の選手も居ますが、調子があがらず、チームの雰囲気に飲まれてるような気がします。

言葉を言い換えると、「自信」

と、いっても良いかもです。

伊原監督のお仕事は?

もしかして「育成」?

ショート金子や、ファーストに浅村を置かない。

このへんは育成方針でしょうね。

あと、木村。

イマイチ打撃に安定はないですが使ってもらってます。

そんな木村の今季第1号

いま、西武ライオンズの楽しみは、木村ですね。

開幕数試合で最下位だ。打率が低いだ。

言いたいことも多々出てきますが、まあ、夏くらいにみんな逞しくなっているのを楽しみにしたいところです。

夏頃に、適材適所が、ポコッとハマったら強いんじゃなかろうか。

と、思えなくも無いんですが・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク