西武ライオンズファンに朗報?サーベラスが西武HD株を売却へ

スポンサーリンク

何かと西武HDの経営に口出しを・・・

まあ、大株主ですから。

当たり前と言えば、当たり前ですが・・・。

野球ファンとしてはこの「米投資ファンド サーベラス」の名前は「埼玉西武ライオンズの売却問題」といっしょに記憶されているんじゃないでしょうか。

この提案に西武 HD が真っ向から反対したので、サーベラスは TOB をしかけ株主総会での強行採決に持ち込もうとしました。

結果的には、サーベラスが予定した株数を集められず、埼玉西武ライオンズの売却案は否決。

おかげで今の埼玉西武ライオンズがあるわけです。

また、西武 HD が悲願としていた「再上場」の際には、「想定公募価格が低い!」と、上々に反対。

これも、結果的には「上場する」ことで解決したので、今の西武 HD があるわけです。

とまあ、ことあるごとに「ネガティブ」な提案をしてくるサーベラス。

もしかしたら、ライオンズファンにとっては、「ダーク」なイメージもあるかもしれません。

とはいえ、サーベラスも「投資した以上、利益をだしてくれ」という企業としては切実な面もあっての事だったとは思います。

ただ、ちょっと西武 HD をとりまく環境などうまく判りあえなかったのかなという感じです。

とはいえ、堤帝国崩壊後の西武を支えてくれたのはサーベラス

2004年の堤帝国が崩壊し、上場廃止の憂き目を見た西武グループ。

それは、球団ももろに影響を受けた訳で。

このとき投資価値を見いだして、投資してくれたサーベラスがいたから西武 HD が経営を立て直せたのは間違いないでしょう。

もし、サーベラスが助けてくれていなかったらとっくの昔に西武ライオンズじゃなかったかもしれません・・・。

サーベラスはこれで事実上の日本撤退?

【関連記事】
米投資ファンドのサーベラスが西武HD株を売却へ

こちらの記事によるとどうやら、サーベラスは西武 HD から撤退する事で事実上日本から撤退だそうです。

とりあえず、株を売却する事で利益を得るようなので、結果的にどちらも win-win だったんでしょうか?

いろいろありましたが、苦しかった西武ライオンズを救ってくれたのは、サーベラスの投資だったと思います。

陰ながら「ありがとう。サーベラス」。

と感謝を綴っておきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク