斎藤隆と松井秀喜に思うアメリカと日本の見えない違い

スポンサーリンク

別に西武ライオンズの話題じゃないんですけどね

先日、斎藤隆がパドレスの「インターン」としてフロントに参加することが発表されました。

現場ではなく、運営側での参加です。

斎藤隆から希望したということで。

受け入れる側のパドレスは

【Full-count】
現役引退の斎藤隆氏がパドレス“フロント入り” サンディエゴ拠点に活動へ

ジョシュ・ステインGM補佐は「ドラフト、統計学、育成、トレードなどいろいろな面でフロントの仕事を見せることができると思う。それを勉強させるつもりです」と説明した。

とのこと。

斎藤隆自身、今後指導者の道を選ばない訳ではないそうですが。

松井秀喜もヤンキースGM特別アドバイザーに

松井秀喜も引退後、ヤンキースのフロントに近いところで活動しています。

確か任期が一年だったので、今後また契約更新なり別の動きがあるのかも知れません。

とはいえ、こうしてメジャー経験者がメジャー球団の「フロント」としての経験を積むことを引退後のキャリアに選択する理由は、「選手としてだけではなく、全ての面でアメリカから学ぶことがある」と感じているのかも知れません。

斎藤隆は、記事の中で

「時代の流れの中で、どういう変化があっても必要とされる人間であるために、このタイミングで行くことが重要だった。フロントで学べる機会を与えていただいたことはビッグチャンス」

と、発言していますが、この言葉にも日米の差を感じてしまいます。

日本ではその機会は難しいということですよね?

イチローも案外、引退後こういった「メジャーのフロント」に関わるキャリアを進むんじゃないかなーと思ってしまいます。

選手じゃなくて、フロントが直接行ったらダメなのか?

引退した選手がフロントの事を学ぶことは素晴らしい事だと思います。

現場のことや、フロントの事、全てが判る人というのは日本の球団運営に置いても貴重な人材でしょう。

ただ、別に選手が「メジャーのフロント」を学ばなくても、直接フロント同士で交流できないのかなと。

日米野球や、WBC、最近ではプレミア12 など国際試合の増加が近年目立ちます。

アメリカだけでなく、様々な国の選手たちの交流は増えたと思います。

昔は、審判の交流なんてのもありましたよね。

ただ、日本の球団とアメリカの球団が人材交流することってあるんでしょうか?

私が知らないだけで、あるのかもしれませんが。

イメージ的には、楽天とか積極的にやってそうですけどね。

実際、DeNa がベイスターズの親会社になった際には池田球団社長はアメリカの球団を視察していましたね。

フロントの偉大さ

サッカーの話になりますが、「アビスパ福岡」は昨年までスポンサーが集まらず、経営不振に陥っていました。

もちろん、こんな状況でチームが強くなるはずもなく。

J2 の順位も下から数えた方が早いという状況。

しかし、2014年に鹿島アントラーズの創設に携わった手腕を見込んで、野見山篤氏を代表取締役社長へ招きました。

今期は、大株主であるアパマン HD から川森敬史氏が代表取締役社長へ就任。野見山氏は取締役として現在もアビスパに在籍。

監督には、元日本代表の井原監督を迎え、強化部長にはアルビレックス新潟で10年間強化育成部でスカウトを担当した鈴木 健仁氏を招きました。

経営陣もチームを運営するスタッフも大きく強化されました。

その結果、2014年3月、88社しか居なかったスポンサーが翌年の3月には500社に。

あれよあれよと増えて、11月には、1000社を越える状況に。

そして、アビスパ福岡の成績もJ2 でも2位と勝点差なしの3位につけています。

フロントが変わるだけで、これほどチームが変わってしまう事例を目の当たりにしました。

プロ野球ではなかなかこういった事例は見ませんね・・・。

フロントが変わってチームが強くなった。

と言う事例は、プロ野球ではほとんど聞いたことがない?

楽天や DeNa の時のように、オーナー企業が変わった。

と言う場合はフロントが入れ替えになるんだと思いますが、なかなか「チーム強化のために」入れ替えるというのは聞かないですね。

これも知らないだけで実際は、少なからずあるのかも知れませんが・・・。

サッカーでは、プロ野球以上に「フロントの責任」を問う場面は多いです。

そのクラブチームの代表がサポーターに頭を下げるなんて、野球では聞いたことないですよね。

スポーツの成り立ちや文化の違いかもしれませんが。

優勝は金で買う時代

そういったのは、野村克也氏でしたが。

今年のソフトバンクホークスを見ているとわかりますね。

よそから選手を取ってくることだけに注目が集まりがちですが、ソフトバンクのすごいのは 3 軍まで抱えていること。

柳田選手も 3 軍を経験して上に上がってきた選手だそうです。

よく「チームの生え抜き」といいますが、選手を育てるのもお金が必要というわけです。

ジャイアンツが今年から 3 軍を設置するそうですが、これはお金がある球団じゃないと出来ません。

選手の給与もそうですが、それを支えるスタッフや用具。練習の球場や対外試合のセッティングなど 3 軍を運営するための諸経費はかなりの額になりそうです。

西武にそんなお金はないだろうな・・・。

もちろん、日ハムのように育成枠すら設けず、必要最小限の選手を育成するというのも手ではありますが。

そんなことを考えていたらタイムリーな話題が。

【Full-Count】
パ球団の若手起用で明暗? ホークス&日ハム躍進の裏に優れた野手育成戦略

日ハムのやり方などは、メジャーでも通用するやり方な気がします。

今は、メジャーに「選手をとられる」といった感じの日本野球界ですが。

そのうち有望な「指導者・経営者」を持っていかれる時代になるのではないでしょうか・・・。

メジャーで引退してもいずれは日本に恩返ししてくれる。

と考えるのは甘いかも知れません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク