勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。

スポンサーリンク

ライオンズとりあえず2連勝

西武ライオンズ 先発メンバーは以下の通り。

1番(指) 栗山
2番 ライト 熊代
3番 レフト 木村
4番 セカンド 浅村
5番 ファースト 渡辺
6番 サード ランサム
7番 センター 秋山
8番 キャッチャー 炭谷
9番 ショート 鬼崎

伊原監督流?変則オーダー

今日のマリーンズの先発が左の古谷だったのか、それとも最初から1試合の予定なのか、別の理由があったか。

炭谷が1試合でスタメン復帰です。

個人的にはもう少し外れる可能性あるかもと思っていましたが。

また、ちょっと不思議なのはファースト。

固定できないのはオープン戦からそうだったんですが、今日は渡辺。

普通に考えたら、浅村ファーストで、セカンド渡辺です。(昨日は脇谷)

ここは、「セカンドは浅村」というこだわりがあるんでしょう。

か、ファーストで新外国人を後々入れてくるのかも・・・。

さらに5番。

ランサムでも良かったのでは?というのもありますが。

まあ、おそらく何か伊原監督の考えでしょう。

指名打者栗山。というのは、守備的には大賛成。

ただ、守りにつくのも「リズム」だったりするので、栗山がバッターとしてやりづらさがあるんじゃないかなとも心配。

栗山は春先良くないこと多いので、どっちかはまだ判りませんが・・・。

この辺が渡辺監督と違うとこですかね。

流動的に選手を動かしてきます。

初回、立ち上がりが悪かったのは野上

比較は難しいのですが、見ていた感じ制球が安定していたのは古谷のほう?

木村のデッドボールありましたが、あれは避けようと思えば普通に避けれた・・・ような。

ちょっと抜けたりしていたのは野上。

ただ、結果、古谷3失点。

野上1失点で初回終了。

このあと、点が入らなかったので、初回の結果が最終結果です。

ロッテの加藤選手、良い選手ですね

足が速いってのは、もうそれだけで武器です。

バッティングも柔らかい感じで、今回のマリーンズ戦で初めて見ましたが、敵ながらうらやましい・・・。

lotte-kato

構えも雰囲気ありますね。

この日のポイントは、加藤の盗塁阻止だったかも

その加藤選手をエンドラン回避から、刺殺したのがポイントと言えば、ポイントだったような。

あそこでいいように攻撃されなかったのは、点が入ってない流れもあって、「助かったー」

という感じです。

まずかったのは、ファースト渡辺

初回の満塁で、あっさり、ファーストファールフライ。

8回のエンドラン空振り。セカンドアウト。

と、良いとこなし。

おそらく、伊原監督としては、浅村が出塁したあと、浅村の機動力を活かしたくて5番渡辺だったと思うんですが・・・。

明日もファーストは違う人がでてきそうだなあ。

実はプロ入り初セーブの十亀

togame

最後は、西武名物化したリリーフ大炎上。まあ、結果炎上は免れましたが・・・。

抑えが出てきて、先頭にいきなりフォアボールはもう勘弁。

心臓が持たない・・・。

小野寺を彷彿するような、ボール先行・・・。

頼んます、十亀さん。

ノーアウト満塁から2度も外野フライで零点て

これはもう、ロッテに助けたもらったとしか言いようがありません。

また、ロッテの拙攻も重症。

まさに、勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。

今日の勝ちは、もらいモンでしょう・・・。

4月3日は岡本洋介が予告先発

できれば3連勝と行きたいですが、ロッテも黙っちゃいないでしょう。

もしかしたら、今年の岡本の1年を占うような試合になるのでは・・・。

春休みなのか、3日もデーゲームなのかー。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク