サヨナラライオン涌井投手FA行使へ

スポンサーリンク

西武ライオンズに残るなら・・・

本人の選択肢の中に「残留」という選択肢があったかどうかは謎ですが・・・。

ただ、ライオンズに残るとしても「中継ぎ、抑えでの起用」「年棒減」

というのは避けられなかったかと。

涌井、今週中にもFA 単年契約でのダウン提示で決断

もし、「FAなんだから、引き止めなら年棒アップでしょう」なんて考えでいたのかわかりませんが、「提示条件次第で残留」という考えであれば、それはムシがよすぎるのでは・・・。

正直、この数年西武ファンからすると、「いくらもらってんだよ!涌井さん!」という場面は多々ありました・・・。

プライベートを含め、西武に自分の立場は無いと感じていても不思議ではないです・・・。

ただ、サラリーマン時代にもよく聞いたり見たりしましたが、その会社で立場がないからと言って辞めるなんてことはよくあります。

ただ、よその会社に立場はあるのかというと普通は無いですよね・・・。

立場というのは同じ会社でも、他社でも自分で作るしかありません。

プロ野球選手もそりゃ、涌井選手くらいの実績があれば「表向きウェルカム」でしょうが、実際じゃあ何か席が用意されているのかと言えばそれはないと思います。

居場所は自分で作るしかないですよね。

よく、「迷ったら茨の道を選べ」とか言われたりしますが、涌井選手にとってそれは西武残留だったのでは?
なんて思ってしまいますが、じゃあ残って幸せかというのもわかりませんからね。

本人にもこの選択が正しいのかなんて、わからないと思います。

ただ、後々この選択が「あのときこうして良かったね」と、言われるものであるように願っております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク