【西武ライオンズ】元ライオンズ新谷博氏のセカンドキャリア

スポンサーリンク

引退後が不安

先日プロ野球選手の若手に「セカンドキャリア」についてアンケートを実施したニュースが出ていました。

プロ野球:若手選手73%「引退後の生活に不安」
-mainichi.jp

最近は選手生命も長くなったとはいえ、40歳まで活躍できる方は稀です。

選手が30歳になる前に球界を去ることだって珍しくないです。

また、引退後球界に残ればコーチや監督として残ることができれば何をしているかわかるのですが、球界に関わらない人生を選択された選手のことはなかなかわかりません。

もちろん、いたずらに知りたいとも思わないのですが・・・。

元西武の新谷博氏がセミナーをするそうです

たまたま目にしたニュースリリースに以前よく目にした名前がと、思ったらやっぱり元西武ライオンズの新谷さん。

女子硬式野球の監督をされているとは聞いていたのですが・・・。

現役時代は、ストレートとフォークを武器にしたピッチャーだったと記憶しています。

風貌は若い頃のさっぱりしたイメージよりは「ひげ面」の方が印象が強いかも。

プロ野球の最後はファイターズでプレーし、同チームでコーチも努められていたのですが・・・。

元西武ライオンズ新谷博氏の経営者向けセミナーを開催します!

経営者向けのセミナーをされるそうです。

セミナーの内容はリンク先を参照いただくとして、驚いたのは新谷さん今、企業経営者なんですね。

「株式会社HACHIKU」というジュニアスポーツスクールの代表取締役。

www.89bb.jp

ちなみにに女子硬式野球は監督時に世界3連覇されているんですね。

出身は佐賀県で、女子硬式野球に関わったのは「佐賀県が九州で唯一女子硬式野球チームがない」という事態を変えたかったから。

というとても地元思いない方です。

その過程で佐賀県単位でなかった野球連盟の創設にも携わったとか。

プロ野球からは身を引かれても、日本の野球に大きく貢献されています。

ファンとしては

こうして、引退した選手がプロ野球という舞台以外でも活躍されていると知ると、とても嬉しいですね。

一般の方と変わらない生活を始めた選手の引退後を、むやみに知りたいとは思いませんが、こうした良い活躍はもっと取り上げられても良いのかなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク