【打てないだけじゃない】野球偏差値すら下がっている西武ライオンズ?

スポンサーリンク

勝つとか、負けるとかいう話ではなく・・・。

野球偏差値の話で行くと、数年前から下がっているという話はありますが。

去年から、貧弱打線であることは重々承知なわけで、いまさら驚くようなことではないです。

ちょっと、これはひどいというのが、4月26日のホークス戦。

5回裏にホークスに逆転された次の回。

6回表の攻撃。

ホークスの先発は中日からやってきた中田。

初回、2回と失点し、3回、4回も3者凡退なし。

立ち上がりが、悪いのは明らか。

中田自信の好調とは言いがたい、苦しい展開だと思います。

この回のライオンズの打者は

7番 渡辺
8番 炭谷
9番 熊代

逆転された次の回。攻撃としてはポイントだと思うのですが・・・。

7番 渡辺 3球目を引っ掛け内野ゴロ。
426watanabe

8番 炭谷 2球目を引っ掛け内野ゴロ。
426sumitani

9番 熊代 1球目を引っ掛け内野ゴロ。
426kumashiro

まあ、高校野球を期待しているわけじゃいのですが・・・。

立ち上がりに苦労していた投手にする攻めなんでしょうか・・・。

それも逆転されたあとに。

渡辺は、前の打席でヒットを打ってますが、次の二人は打率1割。

この日もヒットなし。

軽く3者凡退していい場面じゃないでしょう。

ボール見て、プレッシャーくらいかけれないのでしょうか。

カットとか出来ないんでしょうか(炭谷はムリか・・・)

苦しんでるピッチャーに打てないなりに粘るというのは有効策だと思うのですが。

あっさり終わらしてはダメだ。

ということはわかっていると思うんですけど。

そもそも現状打撃で苦しんでいるチームなんですから

それくらい工夫があっても良い気がします。

ベンチも指示しないのか。

そういう工夫もないから、打率1割なのか。

野球偏差値低いプレーされると黄金時代を知ってるファンとしては負けることより悲しい・・・。

伊原さんにはそういう事の復活を期待していたんですけどね。

一応、つけくわえると、この日送りバントを2度失敗してるんですけどね・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク