Ubuntuをインストール【USBインストーラーを作成する】

スポンサーリンク

最近はDVDのインストーラーはあんまり使わなくなりましたよね・・・。

以前はDVDインストーラーを作成していましたが・・・。

最近は大容量のUSBが安価になったので、USBで作成することのほうが主流でしょうか。

今回のインストールするUbuntuに関しては、iosファイルが1GB無いです。なので、2GBもあれば大丈夫かと思います。しかし、量販店など行くと8GBクラスが安くで手に入ります。大は小を兼ねるという事で利用するのは、これです。

こちらのUSBを購入しました。8GBで、2000円しません。Amazonだと、1500円です。USB3.0対応なので、この先も何かあればUSBとしても活躍してくれると思います。

10年ほど前に64Bを(ギガバイトじゃないです。バイトです。)4000円程度出して購入したことを思うと、あまりのギャップに逆にもはや、何も思わなくなります・・・。

Ubuntuのインストールファイルをダウンロードしてくる

Ubuntuのインストールファイルをダウンロードしてくるわけですが、どこからファイルを落としてくるかを選びます。

9月14日現在、Ubuntuの最新バージョンは13.04です。この最新版を使おうと思っていますが、Ubuntuには日本語版と英語版があります。

Ubuntu日本語版のインストールファイル

Ubuntu英語版のインストールファイル

Ubuntu is an open source software platform that runs everywhere from the smartphone, the tablet and the PC to the server and the cloud.

2つあるわけですが、どちらかを選びます。基本、日本語を選択すれば大丈夫だと思います。しかし、Ubuntu Jpanese Teamのリリースは英語版に比べ遅れます。今は1ヶ月無いくらいのスパンで更新されていますが、私が以前使っていたときはもっとスパンがあったような気がします。

もし、すぐに新しいバージョンが使いたいという場合は、英語版をインストールして自分で日本語化する方法もあります。その場合は英語サイトからダウンロードします。

ダウンロードのスピードが遅い

私は英語のサイトからダウンロードを試みたのですが、ものすごく遅いです。回線のスピードもあるかと思いますが、7時間程度かかるという表示が出てしまいました。さすがに待っていられないのでそういう時はTorrentファイルからダウンロードすると早いです。

Torrentアプリ

Torrentファイルからダウンロードする場合におすすめなのが、Transmissionです。

Transmission

Windows Transmission

Mac Transmission

Mac版のリンク先を見ていただければわかりますが、Linuxも含めて幅広いプラットフォームで利用できるので、お勧めです。

UbuntuのTorrentファイルは、

Ubuntu Torrentダウンロード 日本語

Ubuntu Torrentダウンロード 英語版

Want to download via-bitTorrent links, get DVD images with more language packs, use the text-based alternate installer or find previous versions of Ubuntu?

Ubuntuのisoファイルがダウンロードできたら

Ubuntuのisoファイルがダウンロードできたら、インストールなのですがUSBのインストーラーを用意するためにはイメージライターというものが必要です。

Ubuntuには予め、USBにイメージファイル(isoファイルなど)を作成できるソフトが存在しています。Ubuntuマシンをすでに持っているなら、作成しやすいのですが、これからインストールを検討されている方が持っているとも限らないので。

もし、DVDで作成をする場合は、Ubuntu Japanのサイトに詳しく方法が掲載されています。

メジャーOSでのUSBインストーラーの作成方法

Windowsの場合

windowsの場合は、Pen Drive Linux’s USB Installerがお勧めです。英語サイトですがUbuntuのサイトでも作成方法が紹介されています。英語ですが、非常にシンプルなのでわかりやすいと思います。

Ubuntu is an open source software platform that runs everywhere from the smartphone, the tablet and the PC to the server and the cloud.

OSXの場合

ターミナルを使用します。

インストーラーにしたいUSBをPCへ挿したら、ターミナルから

$ df

と、打つだけです。これで、USBがどこへマウントされているかがわかります。

※それじゃわかりにくい。という方へ。

OSXのアプリケーション > ユーティリティ > ディスクユーティリティ.appを起動します。

起動したら、USBをクリックして、選択したあと、メニューバーの「情報」を押します。そうすると「ディスク識別子」があります。あとは、/dev/と組み合わせればOKです。

次に、USBをアンマウントします。PCから外すわけではないです。

$ diskutil umount /Volumes/disk0s3

disk0s3はあくまで、サンプルです。確認されたものと置き換えてください。

dd if=/(ダウンロードしたファイルのパス) of=/dev/disk0s3 bs=1m

これで、書き込みが終われば完了です。

この説明は、英語ながらUbuntuのサイトでもほぼ同じ方法が紹介されています。参考にしていただければと思います。

Ubuntu is an open source software platform that runs everywhere from the smartphone, the tablet and the PC to the server and the cloud.
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク