【Ubuntu】メモアプリとして活躍しそう!Dropboxと連携できるmarkdownエディタSpringseed

スポンサーリンク

Ubuntu Markdown で記述して、Dropboxと連携

Lightweight Linux Notes App ‘Springseed’ Adds Category Support, Better Dropbox Sync

Ubuntu で使える markdown エディタ。

Markdown とは、いわゆる「軽量マークアップ言語」というやつです。

これに対応したテキストエディタです。

とりあえずインストールしてみる

こちら、「.deb」 ファイルにて配布されています。

ダウンロードしてダブルクリックでソフトウェアセンターが処理をしてくれますが・・・。

low-quality

警告がでます。

理由をみると、「debian ポリシー」を満たしていないよ。

ということです。

インストールサイズが明示されていないみたいです。

まあ、そのくらいなら問題ないかなと。インストール。

これ以外には特に問題なく、完了しました。

普通のエディタにはない「ディレクトリ」

PCで作業していると、メモをテキストエディタに残す。

なんて事は日常茶飯時に行っている作業かもしれません。

しかし、これ、案外管理が面倒くさいんですよね。

Springseedは Evernote のようなディレクトリに分けた管理ができます。

起動した際のデフォルトのディレクトリ。

springseed

こんな感じで分かれています。

見た目は、Evernote に似ています。

これだと、管理しやすいです。

Dropbox と同期

テキストエディタに書いたメモの次の難点はローカルに置き忘れやすい。

という点です。

ふと、スマホで見たいとか、別の PC で見たいという時に「あ、自宅のデスクトップにおいたままだわ」

なんていう事はよくあることです。

springfeed はDropbox と同期してくれるので、そうした状況を回避してくれます。

同期は、Springseed の左下の「歯車のボタン」から「connect」するだけです。

クリックすると、Web 版のDropbox が起動して、Springseedからのアクセス許可を求められます。

springseed-agree

承認して同期すると「.seed」というファイルが「アプリ」>「springseed」に出来上がります。

springseed-file

独自拡張子ですが、中身はマークダウン形式のテキストファイルです。

Springseed が入っていない PC でもマークダウンに対応したアプリがあれば大丈夫そうです。

画像の扱いはイマイチ

画像の扱いはさほどうまくないようです。

マークダウン形式による画像の読み込みは可能です。

ただ、web上にあるものだけのようです。

ローカルの画像もまとめて dropbox に同期してくれると便利だなと思ったんですが。

spring-seed-all

これまでは

テキストエディタなどにメモをした場合、「Google drive」へ放り込んでいました。

ただ、Google Drive も公式ローカルアプリがない Linux。

サードパーティ製も使っていないので、ブラウザからアップしていました。

Dropbox を使っても良いのですが、他人とフォルダを共有したりするといつのにかローカルの容量を圧迫し始めるのが嫌でローカルアプリは使ってませんでした。

Springseedだと、そうした手間なくファイルを共有できそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク