【Ubuntu 14.04】ディレクトリを英語名に変更する

スポンサーリンク

Ubuntu ではディレクトリ名を英語にしたほうが良い?

Ubuntu を日本語環境に指定してインストールすると、「デスクトップ」や、「ピクチャ」などのディレクトリ名が日本語になります。

OSX などもそうですが、他の OS でもこういったところは日本語表記なので通常は気になりませんが・・・。

ターミナルコマンドから指定できない日本語ディレクトリ

OSX を例に考えてみます。

osx-directory

OSX はこのように、日本語でディレクトリを表示しています。

しかし、ターミナルからこれらのディレクトリを参照する場合、「日本語で指定する」必要がありません。

例えば、ターミナルから「デスクトップ」ディレクトリに移動する場合。

cd ~/Desktop

とすれば、移動することが可能です。

Ubuntu の場合はそうもいかない

OSX は日本語で表記されていても全然問題ないのですが、Ubuntu はそうも行きません。

日本語で表記されていると、英語名で指定することはできません。

ubuntu-japanese-directory

日本語ディレクトリのままで、OSX のようにターミナルから指定してみると・・・。

そんなディレクトリはない!

cd-desktop

と、怒られてしまいます。

日本語ディレクトリを英語ディレクトリに変換する方法

ターミナルを起動したら、

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

以上です。

日本語のディレクトリ名なら、日本語でパスを指定してあげれば良いんでは?

という考えもありますが、そもそもターミナルで日本語を入力するのがめんどくさいです。

それに個人的には、ターミナルで日本語を使うのは、ちょっと気持ち悪い・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 情報源: 【Ubuntu 14.04】ディレクトリを英語名に変更する […]