Ubuntuにおけるapt , apt-get , aptitude の違いとは?

スポンサーリンク

最近徐々にaptが浸透してきましたので

Ubuntuなどのdebian系ディストリビューションを使っている方にはおなじみの「apt-get」。

いわゆるパッケージ管理のためのツールです。

RedHat系のディストリビューションだと「yum」になります。

でも、この「apt-get」コマンド最近は推奨されていないようです。

Ubuntu14.04から「apt」コマンドが推奨のコマンドになっていますので、今後は「apt」と記述するのが正しいようです。

何年か前に「apt-get」から「aptitude」へ移行するよう促された記憶も無きにしもあらずですが…。

apt,apt-get,aptitude となぜ3種類もあるのか

どうやら3種類とも限らないようで、この他にもパッケージ管理のツールは存在するようです。

なぜパッケージ管理ツールがこうもたくさんあるの?

というと、これらのツールは「Advanced Package Tool」のフロントエンドなんだそうです。

根は一つだけどそこへアプローチする方法はいくつもある感じでしょうか。

そもそも「Advanced Package Tool」略して「APT」というそうなのですが、これがDebian 系のディストリビューションに搭載されるパッケージ管理システムです。

パッケージのインストールや、依存関係の解消、システムの更新などを行ってくれます。

このAPTを利用するためのフロントエンドが「apt-get」であり、「aptitude」そして、「apt」ということですね。

消えたaptitude

かつて移行を促された記憶のある「aptitude」ですが、Ubuntu16.04からデフォルトでインストールされていません。

個人的にはなんだかんだ「apt-get」を使い続けていたのですが…。

個人的には16.10を使っている頃だったか。ふと、aptitudeとターミナルに叩いた瞬間、aptitudeの運命を察したのですが…。

とはいえ、なかなか馴染めない「apt」

正直、他にコマンドの候補はなかったのかなと。

apt-get に慣れた人間としては、「apt…」と入力したら、勢いで「-get」と入力してしまう世代としてはなんとも馴染みません。

ついつい、-getしちゃいます。

最近はUbuntuの記事などでも「apt」が増えてきて言えるので、頑張って慣れたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク