Ubuntu 14.04 にて LAMP 環境を構築してみる

スポンサーリンク

Ubuntu 14.04 にて LAMP 環境を構築してみます

まずは、Apache から。

ターミナルより。

sudo apt-get update
sudo apt-get install apache2 

こちらで Apache2 をインストールします。

インストールが完了したら、確認。

ローカルホストで apache2 が動いているか確認します。

人生をティンカリング(いじくりまわす)するブログ

ローカルホストにアクセスすると、Apacheが起動していると、次のような画面が出てきます。

Apache2-ubuntu

MySQL をインストール

sudo apt-get install mysql-server libapache2-mod-auth-mysql php5-mysql

以上で、インストールします。

途中、Root のパスワードを設定するよう言われますので、設定しておきます。

インストールが完了したら確認してみます。

mysql -u root -p

とすると、先ほど設定したパスワードを聞かれますので入力してログインします。

>mysql

と表示されれば、大丈夫です。

PHPのインストール

続いて PHP に関してです。

まずは、インストール

sudo apt-get install php5 libapache2-mod-php5 php5-mcrypt

として、インストール開始です。

インストールが完了したら、ちょっとだけ設定。

使用の仕方では、やらなくても良い設定かもしれません。

Apache に index.html などより、index.php を優先的に実行するように教えます。

WordPress を入れるときなどはこっちの設定が良いかもしれません・・・。

設定ファイルを変更します。

sudo nano /etc/apache2/mods-enabled/dir.conf

こちらの設定ファイルを nano エディタを使って開きます。

中には、以下のような設定が書かれています。

<IfModule mod_dir.c>
    DirectoryIndex index.html index.cgi index.pl index.php index.xhtml index.htm
</IfModule>

上記の場合、最初に「index.html」が記載されているので、「index.html」が優先順位が高くなります。

この順番を「index.php」が早くなるようにしてあげます。

以下のような感じです。

<IfModule mod_dir.c>
    DirectoryIndex index.php index.html index.cgi index.pl index.xhtml index.htm
</IfModule>

ここまで来たら、一回 apache2 をリスタートします。

sudo service apache2 restart

PHP がちゃんと動いているか確認

sudo nano /var/www/html/info.php

nano エディタで、info.php というファイルを作成します

中身は、

<?php
phpinfo();
?>

と書いておきます。

記入したら、保存します。

あとは、

へアクセスしてみます。

ちゃんと動いていれば、次のような画面が表示されているはずです。

php-setting

確認できたら、あとはもう必要ないファイルなので、削除しておきます。

sudo rm /var/www/html/info.php

以上で一旦終了です。

この他にもPHPにモジュールの追加を行う方法もありますが、個人的に必要としていないのでスキップ。

そのへんに関してはこの記事を書く際に参照したこちらの記事が詳しいです。

【参照】

How To Install Linux, Apache, MySQL, PHP (LAMP) stack on Ubuntu 14.04

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] くつかインストールするパッケージが足りないらしい http://zaka-think.com/linux/ubuntu/ubuntu-14-04-lamp-setting/ […]

  2. […] Ubuntu 14.04 にて LAMP 環境を構築してみる […]