【LAMP】ubuntuでphpMyadminを導入する方法

スポンサーリンク

以前、LAMPを構築した際には導入していなかったので

Ubuntu13.10へ変更してLAMPの設定をしていなかったので再度設定。

前回、Mysqlの導入で謎?のエラーに悩まされました。

【Ubuntu】パッケージ mysql-server-5.5 はまだ設定されていません。というエラーに悩む

LAMP 自体はだいぶ前にひと通りインストールスル方法をまとめておいたので、こちらで確認。

【Linux Mint】LAMP環境を構築する

Linux Mintなんてなっていますが、Ubuntu でも変わりは無いです。

ただ、ちょっと、phpMyadmin の導入方法を違う方法で行ったので、その設定だけ備忘録。

apt-get installから導入する

前回は、通常のWEBサーバーに設置するような感じで設定したんですが、今回は「apt-get」ないし Ubuntuソフトウェアセンターからインストールします。

sudo apt-get install phpmyadmin

で、インストール完了です。

あとは、http://localhost/phpmyadminでアクセスOKかなと思ったら・・・。

phpMyadminをインストールしたあとに設定が必要です

なにも考えずにlocalhostへアクセスした所「Not Found」になりました。

local_notfound

これは当たり前で、phpMyadminを表示させるためには「設定」が必要です。

設定はUbuntu公式サイトで紹介されています。

phpMyAdmin

そちらの設定を見ると、phpMyadminの設定ファイルとApache2の設定ファイルをシンボリックリンクでつなげてあげます。

注意点は、Ubuntu13.10よりApache2の設定ファイルのパスが変更されています。

Ubuntu13.10未満のUbuntuの場合

sudo ln -s /etc/phpmyadmin/apache.conf /etc/apache2/conf.d/phpmyadmin.conf
sudo /etc/init.d/apache2 reload

Ubuntu13.10以降の場合

sudo ln -s /etc/phpmyadmin/apache.conf /etc/apache2/conf-enabled/phpmyadmin.conf
sudo /etc/init.d/apache2 reload

以上で、OK。

あとは、改めてhttp://localhost/phpmyadmin

で、表示されるようになります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク