Linux(Ubuntu)でもプリンタドライバはあるよ!

スポンサーリンク

ちょっと前は無かったり、インストールの敷居が高かったり

Ubuntu13.10にしてプリンターの設定を変更していたところ知人から「Linuxってプリンタドライバーあるの!?」

と、言われました。

確かにちょっと前は結構大変なこともあったわけですが、いまではそんなことないよということで、ご紹介です。

とりあえず、家庭用のプリンタでお話すると日本では「Canon」か「EPSON」になるのかなと。

この2つの企業はちゃんとプリンタドライバを用意してくれています。

CanonのLinuxプリンタードライバー

こちらは基本的にCanonのサイトへ行くとあります。

Canon プリンタードライバーのページ

canon_printer_driverpage

こちらから使いたい商品の名前を探してクリックすると、ちゃんとLinux用のドライバーがあります。

canon_linux_driver

すべて対応しているとは限らないので、linuxを使いたいと思っている方は一度自分のプリンタが対応しているか見ておいた方が良いかもです。

CanonのLinuxプリンタドライバーのインストール

ただ、ちょっとインストールは他のOSに慣れた方には慣れない感じです。

ダウンロードしてきたファイルを解凍して、シェルコマンドを実行する必要があります。

圧縮ファイルを解凍したら、ターミナルから解凍してできたディレクトリに移動します。

例:解凍したのが、Downloadsディレクトリだった場合。

cd ~/Downloads/(解凍してできたディレクトリ)/

./install.sh

といった感じで、コマンドライン上での作業になります。

設定でもコマンドライン上から行われるので、コマンドラインでの作業に慣れていない方は戸惑うかもです。

通常使う場合は、ちゃんとGUIのセッティングができますのでそのへんは大丈夫です。

ubuntu_printer_setting

EPSONのプリンタドライバー

EPSONはこちらのサイトからダウンロードすることになります。

対応していない製品もありますので、購入を検討する場合はこちらから確認できます。

EPSONのプリンタドライバーインストール

EPSONでは「.rpm」「.deb」の2つが提供れています。

Ubuntuであれば、「.deb」で、Ubuntuソフトウェアセンターからインストールできます。

Canonよりはだいぶ簡単です。

というわけで、今はLinuxでもちゃんとプリンタドライバーが用意されているんですよ。という話でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク