【Ubuntu】EPSONのプリンター「PX-101」をUbuntu13.10で利用する場当たり的対処

スポンサーリンク

とりあえず、プリンタドライバーを求めてサイトへ

こちら「PX-101」のプリンターを使う事情ができてしまったため、まずはドライバ探しです。

ドライバーはあるものの・・・

Linuxドライバーをダウンロードサイトから「px-101」と検索すると出てきます。

が、マズイのがUbuntu8.10対応・・・。

これは、嫌な予感しかしませんが、ちょっと急いでいたのでインストール。

で、実際ちゃんと使えました。

しかし、どうもアップデート絡みでトラブル発生です。

アップデート処理で問題発覚

ひとまず、問題がなかったので放置していたのですが、定期のアップデート処理がエラー。

px-101error

詳細を見てみると、しっかりと居ました「pips-px101」がエラーの原因です。

px-101error2

もう、完全にバージョン違いを入れるとろくな事にならない見本ですが、ちょっとしばらく使わざる得なさそうなので、対処を検討。

webで調べたところ、Ubuntu日本語フォーラムにあった方法で応用できそうです。

要は/usr/share/ppd/を明示的に示してあげれば解決しそう。

ということで、

フォーラム内にも紹介してありますが、手順を書きますと。

まずは、/var/lib/dpkg/info/pips-px101.prermを編集

sudo vim /var/lib/dpkg/info/pips-px101.prerm

次にその中にある1文を#して、新しいディレクトリ指定を追記。

cupsppddir=`dpkg -L cupsys | grep $cupsdefaultppd 2>/dev/null`

#cupsppddir=`dpkg -L cupsys | grep $cupsdefaultppd 2>/dev/null`
cupsppddir='/usr/share/ppd/'

修正したら保存して、

sudo dpkg -r pips-px101

これでエラーは回避したものの・・・。

場当たり的な回避に過ぎないのは事実。なるべく使わない&いずれちゃんと削除すること前提に備忘録でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク