elementary OS でインプットメソッド「fcitx」をインストール。Mozc の画像が大きすぎるので調整してみた

スポンサーリンク

Ubuntu 系ディストリビューションでは時々起きる?

以前は Linux Mint でも似たようなことが起きた記憶があるのですが最近でもあるんでしょうか。

最近、Linux ディストリビューションを 「elementary OS」へと変えました。

その際 ibus ではなく日本語のインプットメソッドには「fcitx」を利用。

ibus でもいいかなー。と、思っていたんですが、うまく動いてくれなかったので。

インストールは特に難しいことはありません。

sudo apt-get install fcitx fcitx-anthy fcitx-mozc

でインストール可能です。

すぐに使えて不満はない・・・、はずだったんですが。

使ってわかったことは、「Mozc」のアイコンが「デカイ」。

jainput

デフォルトのアイコンと比較して、2倍ほどありますかね・・・。

で、日本語入力、英数入力を切り替えて使うんですが、その結果。

input

なんと、画面上部のインジケーターの高さがこの Mozc の画像によって変わってしまうじゃないですか。

入力を切り替えるたびに画面がガックン、ガックン微妙に視線をずらされてかなりストレス。

これは洒落にならないということで、ちょっとカスタマイズすることに。

Mozc の画像を小さくする

この「画面が微妙にガタガタする」原因は、どうみたって Mozc のアイコンがやけに大きいせいです。

これを他のアイコンと同じくらいにしてしまいます。

「あ」の文字の視認性がかなり落ちますが、切り替わりが判ればよいので、今回そこは無視。

先に出来上がりをおみせすると、こんな感じ。

litle-a

ちょっと小さくしすぎたかもですが、まあ判れば良いんで。

余裕があったら、オリジナルアイコンに変えても良いのかもですが・・・。

まあ、それは余裕があれば。ということで。

Mozc の画像の大きさを変えるには?

PC に設置された画像を編集するだけです。

/usr/share/fcitx/mozc/icon/logo.png

にて、画像が配置されています。

画像編集ソフト(Gimpとか)GUI 系のアプリで普通に開くと編集できないので

sudo gimp /usr/share/fcitx/mozc/icon/logo.png

と、ターミナルから権限与えて起動すると、編集できます。

あとは、画像のサイズを縮小して保存です(念の為、古いファイルは名前を変えて保存しておいたほうが良いかも。ほんと念の為)。

これで、平和な環境が訪れました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク