まだ本格使用にはまだまだ早い?elementaly OS を半年使ったレビュー

スポンサーリンク

elementaly OS を半年使ったレビュー

およそ半年ほど使っていたでしょうか? elementaly OS 。

軽量ディストリビューションかつ、OSX 風の見た目でなかなか面白いんじゃないかなー。

と思って、2016年の 1 月からお試しで導入。

およそ半年実際使ってみたレビューです。

まだまだ不安定

半年使わなくても、すぐ気がつくレベルだったりもするんですが・・・。

とりあえず、半年使ってみました。

全体を通して不安定という感じです。

といっても、現在のバージョンは 0.3 。

まだ「1.0」の正式?バージョンじゃないと考えると、仕方ない面も多いのかも知れません。

軽量ディストリビューションはだいたい「動画・音楽」関連の機能を削っていることが多いのですが、elementary OS もその例に漏れず。

ある程度機能制限をするからこそ「軽量」となっています。

そういった事情を判っていながら、勝手に動画系、音楽系の機能を追加したり。

Ubuntu ベースであることを良いことにアプリケーションを追加してました。

その結果、不安定に。

そんなの当たり前だろう。ということなんですが。

ただ、特別変わったことをしているわけでもないので、もうちょっと頑張ってほしいかなー。

というのが個人的な感想。

個人的な作業環境

基本的にはそう大したことはしていません。

ちょっと手を入れたのは、画像処理周り。

gif 動画を作成するための 「QGifer」と「SimpleScreenRecorder」を入れたのですが、この辺が特に相性悪かったですね。

いくつかモジュールが足らなかったので追加しています。

【その際の記事】

elementary OS を入れて最初にやった設定を紹介

と、ちょこちょこと設定はしてみましたが。

運用中もアプリケーションが突如落ちるなど、イマイチなことも多かったです。

その他には、Gimp や Arduino IDE や Android IDE を入れていましたが、こちらはトラブルもなく不満なことはなかったです。

今回、致命的なトラブルを引き起きしたのは、「VirtualBox」 と「Vagrantをインストールしてから。

このときから、Ubuntu ソフトウェアセンターの挙動がおかしかったので、嫌な予感はしていたんですが。

再起動したところ、なんとログイン出来ない状況に。

CUIではログインできるので、なんとかそちらでデータ等は退避。

画面の挙動を見ている限り GUI がうまく起動できず、クラッシュしている感じでした。

直前の作業は、Virtualbox と Vegrant のインストールなんですが、こちらがトラブルの原因なのかは不明。

原因を探ろうかと思ったんですが・・・。

こりゃ、ディストリビューション普通に変えたほうが早そう。

ということで、サヨナラすることにしました。

個人的には、Ubuntu 通常版(LTS版ではない)バージョンが 9ヶ月くらいのサポートです。

このスケジューリングに合わせる感じで、半年から、9ヶ月でディストリビューションを乗り換えていました。

どのみち、Ubuntu 使っていて ディストリビューションのバージョン上げるならクリーンインストール何だからこの際色々使ってみるか。

というくらいのノリだったんですが。

ただ、徐々にお仕事が忙しくなってくると、そんな暇もないので、安定したものを求めたくなってきます。

そういうのもあって elementaly OS は考えなきゃなーとなっていた矢先だったので、移行の決断(あきらめ)も早かったです。

Chromebook 的な運用?

よく、「古いマシンを軽量 Linux ディストリビューションで復活」なんて謳い文句を聞きます。

個人的にはいろんな Ubuntu 系の軽量ディストリビューションを試してみましたが・・・。

うーん。正直、軽量ディストリビューションは運用は比較的大変です。

初心者の場合は超えなくてはならない壁が多すぎる気がします。

ある程度上級者向けですよね。

もし、elementary OS を実生活のなかで使えと言われたら、web 閲覧程度。

という気がします(とはいえその web 閲覧でもスクロールがおかしくなるなど快適とも言えないことも・・・)。

その他も Ubuntu ベースですので Ubuntu の資産を利用すればできなくは無いです。

しかし、どこでトラブルを起こすか正直わかりません。

自宅用 PC でできることが web 閲覧だけというのはちと厳しいかと。

ノートブックに乗せて、外出先でウェブの確認という感じでしょうか・・・。

可能な運用イメージとしては、最近で言うと、chromebook 的な存在としての活用でしょうか?

とはいえ、chromebook はもっといろいろできるがな。

古いと言っても、古い時代のノートブックを今更出先で使えというのか?

そこそこ新しいノートマシンなら、そのまま windows 使ったほうが良いぞ。

まして、elementary OS 積んだノートブックがいかに爆速で電池を消費するか・・・。発熱もすごいし。

はっきり言って Ubuntu をのせたほうがスマートに動くと思います。

まして、OSX や Windows の代わりにあれこれしようというのはちょっと厳しい。

もちろん、自分で設定したりすればやれなくもないですが、相当な Linux 経験値が必要だと思います。

そこに挑むならもう、Archi Linux にしてみたら?

といった印象です。

elementary OS のコンセプトにゾッコンとか、開発を手伝いたい。

ということであれば話は別ですが。それはある意味実用でしょうが、どちらかというと趣味の領域だと思いますし。

個人的にも素人に毛が生えた程度なので・・・

そんな人間が、elementary OS を快適に使えるのは、環境が整った、もう少し先のことになりそうです。

Ubuntu から比べると、何かと手間がかかるので、考え方としては Linux の勉強がてらなんてこともアリかもですが。

そういうことであれば、最初はやはり Ubuntu から入られたほうがいいと思います。

あとは、Archi Linux とかですかね。

【Arch Linuxをインストールする】 2013.7.01バージョン

そこまで世話するなら、自分で最初から設定してしまったほうが勉強できそうです。

本当はそうしたくないところなんですが

個人的な欲求ですが、ホントなら gentoo Linux を入れて気長にやっていきたいんですが・・・。

なかなか日本社会というのはそうやって生活していけるほど悠長じゃないところが残念ですが・・・。

そのうち機会ができたらチャレンジしてみたいかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク