docomoのiPhone?男なら黙ってUbuntu Touch!

スポンサーリンク

iOS?Android?男は黙ってUbuntu Touch!

Ubuntu TouchをGaraxy Nexusに入れてみる。

前回FireFox OSをAndroid4.3に戻してみたんですけど、別にこれでAndroidを使おうとは全く思ってないので入れ替え。

巷ではiPhoneがdocomoからでるという話題で持ちきりですが、世間の話題とはかけ離れた事をやってみたいと思います。

Ubuntu Touchのインストール方法はUbuntuの公式サイトで掲載されています。

まず、そもそも対応している機種は、

・Galaxy Nexus
・Nexus4
・Nexus7
・Nexus10

よって、Xperiaなどにはインストール出来ません。そう、iPhoneにもね。

Ubuntu Touchをインストールするための下準備

実際インストールに使うのは、Ubuntuを搭載したマシンです。ただ、恋人的に現在Ubuntuマシンを所有していないので、Archilinux上で仮想環境を利用しています。

まずは、リポジトリの登録

Ubuntuのターミナルを起動して、以下のコマンドを入力。

sudo add-apt-repository ppa:phablet-team/tools

リポジトリの追加ができたら、一度apt-getで更新してから、ツールをインストール。

sudo apt-get update
sudo apt-get install phablet-tools android-tools-adb android-tools-fastboot

Galaxy Nexus側の準備

Fastboot Modeをアンロックしておく。

こちらは以前の記事で上げている
GALAXY NEXUS SC-04DのRootを取得する(ブートローダアンロック編)

を参照ください。
※この作業はメーカー保証外となる作業です。自己責任でお願いいたします。

・USBデバッグモードにしておく。
Fastbootのアンロックが完了したら、普通に再起動して、通常のAndroidでの作業になります。

Android側の設定でUSBデバッグモードにしておく必要があります。

Android os 4.2以降の場合「設定」⇒「端末情報」⇒「ビルド番号」を7回タップ。で開発者モードになります。
「設定」⇒「端末情報」⇒「開発者向けオプション」⇒USBデバッグにチェックを入れます。

これで準備で完了。

インストールの際は、Androidの状態で

そのままAndroidをPCを接続します。USBケーブルで接続したら(仮想環境の方はUSBがホスト側に接続されないように)、Ubuntuのターミナルから次のコマンドを入力します。

phablet-flash cdimage-touch -d maguro -b

で、作業開始です。こちらあくまでGalaxy Nexus版でのコマンドです。うしろの「maguro」がコードネームです。Nexus系の方は違うので、公式ページで調べてください。

※仮想環境で作業される方へ

仮想環境で作業される場合、端末がリブートがかかると、USBの接続が切れる場合があります。そうするとwaitingがかかります。長く放置すると、Not Deviceという事でエラーになります。長時間の作業なので席を外す場合は、かならず自動認識載設定をしておいてください。(ちなみに私は、座ってみてました)

ひと通り作業が済むと、本体側にzipファイルが転送されます。

この作業が環境にもよると思いますが、30分ほどかかります。

で、まったく私と同じような作業をされている場合、端末側がこうなります。

DSC_0126

真ん中の白いのは飛んでますが、Ubuntuのマークです。

この画面がでても、ZIPの転送が終わらない限り端末画面側で作業してはダメです。

そもそもしなくても勝手にインストールは始まるので待ちましょう。

もし、転送が終わってもインストールが始まらない場合は、端末画面から「install from sdcard」から、sdcardの中が選択出来ますので、そこにあるzipファイルを選択してください。

転送が終わると、インストールが走ります。

端末側で、ドロイドくんの胸のところで、クルクルが開始されます。

ここも時間がかかるのでしばらく待っておきます。

作業が完了するとリブートがかかって、「Google」のロゴが出てきます。

その後しばらく、真っ暗な画面が続きますが、しばらく待ってください。Ubuntu touchが起動するはずです。

起動するとこんな感じ

※もし起動しない場合は一度Androidに戻すのが安全

電源が落ちない!という場合は、裏のカバーを外して、電池を抜いてください。

その後Fastbooモードで起動した後、PCに接続します。

Androidに戻す方法ですが、

1,元のAndroidのバージョンに合わせたファクトリーイメージのファイルをダウンロード。
(PC接続はFastbootモードです)

Galaxy Nexusは何度も言うように「maguro」です。これに合ったファイルをダウンロードしてください。

2,ダウンロードしたら、ファイルを解凍。Ubuntuのターミナルでそのディレクトリに移動。

3,一度下記のコマンドで、bootloaderをリブートする。

adb reboot-bootloader

4,以上の作業がすんだら、

 ./flash-all.sh

で、作業が開始されます。これも、仮想で行った場合はUSBの接続が切れるのでその都度接続するか、設定するかで対応です。

こちらは、このまま作業が完了すればAndroidがブートされているはずです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク