Cinnamon2.0がリリース

スポンサーリンク

LinuxMintで注目されているCinnamonが2.0に

以前、Linux Mintを利用している時にお世話になったCinnamonが、2.0にバージョンアップしました。

CINNAMON 2.0 RELEASED, BECOMES AN `ENTIRE DESKTOP ENVIRONMENT`

cinnamon-2.0

写真を見た感じ、おっ。格好良い。と、おもってインストールしてみました。

インストール方法は以下。

sudo add-apt-repository ppa:gwendal-lebihan-dev/cinnamon-nightly
sudo apt-get update
sudo apt-get install cinnamon

レポジトリを追加して、そちらからインストールです。

Ubuntuにインストールした結果がこちら。

cinnamon_desktop

あれ・・・・。あんまり格好良くない・・・。

LinuxMintはテーマをダウンロードできるので、そちらから見た目は色々変更できます。

使用感ですが、Ubuntuにそのまま入れてしまうと、デフォルトのテーマとバッティングしてしまうようです。

以下、私のマシンで起きた症状。

cinnamon側

タッチパッドの設定が有効にならない。

Ubuntuデフォルト側

デスクトップの背景がちゃんと表示されない。
画面表示がおかしい(表示されたものが消えなくなる。windowsが重くなった時のように、ウィンドウに残像が残る)

といったような症状が出てしまいました。利用するなら、どっちか選べって感じでしょうか。

現状、Unityに慣れてみようという挑戦中なのでCinnamonはお試しインストールです。今回はCinnamon削除で。

ちなみに削除ですが、

sudo apt-get remove cinnamon

です。

少しの間、Cinnamon触って見ましたが、うーん、やっぱり以前慣れていただけあって使いやすい。

ただ、Unityの使い勝手も慣れてきていて、画面左上のこのサーチ用のツールが無いと不便を感じてしまう体に・・・。

search

まあ、それぞれの良さがあるよねと、確認したところでしばらくはUnityで過ごそうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク