【Ubuntu】UbuntuのデスクトップとGoogleカレンダーを連携Google Calendar Indicator 0.2.0を試す

スポンサーリンク

Googleカレンダーをもっと便利に使いたいなあ

ということで、以前からなにか良いアプリはないかなと思っていたんですが、良さげなのがGoogle Calendar Indicator 0.2.0

例えば、デスクトップに「Googleカレンダーを表示したい」と思えば「Conky」を利用するという方法もあります。

ただ、この場合は「表示してくれる」という面が強いため「確認」という面では良いのですが。

確認したら「入力」したくなりますよね。

ということで、そのへんシームレスにやりたいです。

で、それができそうなのが前述した、「Google Calendar Indicator 0.2.0」です。

導入の仕方です。

GOOGLE CALENDAR INDICATOR 0.2.0 RELEASED WITH BUG FIXES

こちらのWebUpd8でも紹介されていますが。

リポジトリの追加が必要です。

sudo add-apt-repository ppa:atareao/atareao

sudo apt-get update

sudo apt-get install calendar-indicator

とするとインストールされます。

はじめは自動起動しないみたいなので、アプリケーションから起動します。

以下、設定画面です。

calender_indicator

ここのLoginを「オン」にすると起動します。

calender_indicate_login

あとは、利用したいGoogleのアカウントを登録です。

※理由はよくわかりませんが、アカウント入力後クラッシュしました・・・。再度起動したところ、うまく行きました。

PC起動時に自動でたちあげたい場合は、「Option」タグの自動起動を「auto」にします。

calender_indicator_auto

Ubuntu(デフォルトなら)右上にカレンダーマークが表示されますのでここをクリックすると、リストが出てきます。

calender_indicate_logo

リストはこんな感じ。

calender_sample

直近のカレンダーが出てこない時は「Sync google calendar」でカレンダーの同期が行われます。

Show calendarとするとローカルアプリとしてGoogleカレンダーを確認できます。

calendar

よく打ち合わせ中に「じゃあ、次は来月の5日とかどうですか?」

なんて言われてから、ブラウザ立ち上げて、カレンダーにログインして、該当の日時を探す。

と、やっているとすぐ返事できなくて、焦って余計うまく探せない。

なんて経験ありませんか?そういったことがなくなりそうですよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク