【Xubuntu】dynabook r631へxubuntuをインストールする

スポンサーリンク

Xubuntuをインストールする

前回の投稿で作成したLive USBからXubuntuをインストールします。
USBを機体に刺して、起動するだけですが、bootの優先順位を確認します。
電源を入れて、F2かF8などを押し続けるとbootの順番を帰る画面がでます。
これは、PCに入っているBiosによって違いますので自分のマシンの方法を確認してください。

1:ちゃんとUSB起動できると、こんな画面が出てきます。

2:まずは言語を選択する必要があります。すぐに「対応しない可能性がある」といわれますが、気にせず進めます。

3:続いて、ロケーションの選択です。基本すんでいる国が表示されていると思われます。

4:続いてホスト名を選択します。会社などでネットワークに接続する場合は設定が必要そうですが、今回は、適当な名前を付けておきます。

5:その後は、英語で質問されますが、タイムゾーンを聞かれます。基本「Asia/Tokyo」で良いかと思います。OsakaやSapporoは選択できません。

6:ディスクをフォーマット方法を選択します。
  「LVM」とはインストールしたあとでもパーテションサイズを変更できるのが利点です。
  必要なければ「ディスク全体を使ってフォーマットで良いと思われます。

7:ディスクパーティションの確認
 パーティションの確認を聞かれます。自分で設定したい場合は、手動で行います。
 今回は特に変更はせず、そのままでパーテション設定しています。

8:ここまで完了すると、ベースシステムがインストールされます。

9:インストールが完了すると、ユーザー名の入力を求められます。

10:ユーザーネームの次はパスワードを入力します。

11:パスワードが短かったりすると長い物を推奨されます。

12:プロキシのURLを求められます。ない場合は入力の必要はないようです。

12:ブートローダーをインストールします。
  これをインストールしておかないと、起動できなくなります。

13:システムの時間設定です。日本語訳が微妙に変ですが、「はい」で良いと思います。

インストールに成功すると、「Xubuntu」が起動します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク