openSUZEでシェルを、bash から zsh へ変更する

スポンサーリンク

openSUZEでもzsh

ということで、openSUSEでもzshをインストールしてから、デフォルトのシェルに設定するまでです。

標準のシェルは「bash」です

今から変更しようとしているのに、今のシェルを知る必要があるのか!

ってな話ですが。まあ、そう言わずに。

$echo $SHELL

で現在のシェルが確認できます。

/bin/bash

と出れば、「bash」が使われているということです。

今回は「zsh」に変更したいので、まずはインストールします。

YaSTを立ち上げても良いですし、

sudo zypper in zsh

でもOK。

インストールできたら、このzshをデフォルトにします。ただ、その前にzshのパスを確認。

which zsh

なんてすると、

/usr/bin/zsh

と、表示されます。これをコピっておきます。そして、デフォルトのシェルを変更するには「chshコマンド」を使います。

chsh

と、入力すると「パスワード」に入力を求められます。

認証すると、新しいシェルのパスを聞かれますので、先程調べた「zshのパス」を設定します。

設定が完了したら、あとは一度「ログアウト or 再起動」してあげると設定が反映されているはずです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク