openSUSE Tumbleweed をインストール(Ubuntuからの乗り換え)ブータブルUSBから、起動画面まで。

スポンサーリンク

UbuntuからopenSUSEにしてみる

今回、いろいろUbuntuでデスクトップ環境を構築していることのメリットを考えた結果。

特になし。

となったので、新しいディストリビューションを使ってみようと思い至りました。

【openSUSEへの移行を思い立つ】

【UbuntuからopenSUSEへ移行するよ】Linux ディストリビューションは何にしたら良いのかを個人的考察を書いてみる
Ubuntu18.04 LTSがリリース 2018年4月にUbuntu18.04 LTSがリリースされました。 一応、長らくUb...

ということで、インストールまでの手順を書いていこうと思います。

ポイントリリースとローリングリリースどっちにする?

とりあえず、openSUSEのサイトから「isoファイル」を落としてきます。

openSUSEをインストールする場合、2つ選択肢があります。

ひとつは、openSUSE Tumbleweedをインストールする。

もうひとつは、openSUSE Leapをインストールする。

です。

Leapと、Tumbleweedの違いは「ポイントリリース」か「ローリングリリース」かの違いです。

「ポイントリリース版」はOSにバージョンが付いてきます。

Ubuntu18.04 とかですね。

ポイントリリースは定期的にリリースが行われ、その度にバグフィックスやパッケージの作成が行われます。

よって、より安定した形でリリースされます。そして、それがメリットです。

デメリットは「最新」とはいえ意外と古いドライバが使われていたり、セキュリティアップデートが遅くなるということが考えられます。

あとは、新しい機能がすぐ使えないというのも人によってはデメリットですね。

Tumbleweedはいわゆる「ローリングリリース」版です。

こちらは、明確なバージョンが存在しません。継続的に細かくアップデートが行われていきます。

メリットは様々な新機能がすぐに使えるようになります。

しかし、ポイントリリースと比べ、バグが含まれている可能性が高くなります。

始めてLinux OS を使うという方にはあまりオススメできないと思います。

しかし、今回は「Tumbleweed」版を使うことにしました。

以前、一度「ローリングリリース」においてはArch Linuxで痛い目を見ているのですが。

【Arch Linuxをやめた理由】

Archlinuxをやめた理由
大きな不満があるわけではなかったんですが・・・。 ArchLinuxをやめて、PCのOSをUbuntuへと変更しました。Ubuntuへ...

まあ、せっかく使うならチャレンジしてみるべきたど思っちゃったので。

とりあえずは、自分に合うと思われる方をダウンロードしてきます。

ブータブルUSBを作成する

現状Ubuntuを使っているので、Ubuntu上で作成しようと思います。使用しているUbuntuは17.10です。

ブータブルUSBを作るとき、便利なツールがあります。

「ブータブルUSBの作成」というアプリが存在します。これを使えば簡単にブータブルUSBが作れるのですが…。

あれ…?

openSUSEのisoファイルを認識しません…。

なんか色々試しているうちに…。

クラッシュ。

どうもダメっぽいです。

試しにUbuntu18.04を落としてきて試したところ…。

認識している。

どうやら「他所様」のisoファイルまでは知らない。というわけなのか、個別の環境での問題なのかは判りませんが…。

じゃあ、Unetbootinで…

デフォルトのツールがダメなら、別のアプリがあるのでそれを使えばいいや。

と思い「Unetbootin」を入れたところ。

立ち上がったものの、画面が表示されません。

どうやら、調べてみると解決方法はあるっぽいですが…。どうせお別れを告げるOSです。

Windowsなど別マシンがある場合は、そちらで作ることも可能ですが…。なんかめんどくさいですしね。

もうそれなら、「ddコマンド」を使えばいいか。

ddコマンドを使うには、書き込む記録媒体のパスを指定する必要があるので、fdisk で確認してから。

他に記憶媒体を繋いでいると一緒に出てきてしまうので要注意。

sudo fdisk -l //USBの場所を確認

cd Download //isoファイルを保存した場所へ移動。ここではDownloadsディレクトリ

sudo dd if=./openSUSE-Tumbleweed-DVD-x86_64-Snapshot20180606-Media.iso of=/dev/sdc bs=1048576

if 以降はisoのパス。of 以降は、USBの場所。fdisk で見つけたパスを記述します。bs 以降は読み書きの量。デフォルトだと512KB。

と言った感じで書き込み。

ubuntuのISOファイルは、2.4GBくらいですが、openSUSEのISOファイル(2018年6月現在)は4.2GB。結構ありますね。

USBの書き込み速度にもよりますが、ちょっと待ちます。

書き終えたら、あとはマシンを再起動してUSBから起動してあげればOK。

「installation」

を選択してインストールを始めます。

まずは言語環境をチョイス。環境に合わせて選びます。個人的には英語キーボードを使っているので、キーボードはUSを選択。

次にデスクトップ環境。Ubuntu系のディストリビューションからやってきた身としては、GNOMEが使いやすい。というか、Linuxのキャリア上KDEはほとんど使ったことがない…。

次にパーディションを選べと言ってきます。ゴリゴリにカスタマイズする気はないので、ガイド付きを選択してさらっと終わらせます。

ファイルシステムの設定でちょっと困りました。

論理ボリュームマネージャ(LVM)の利用を確認されます。のちのちストレージの拡張性を求めるなら、LVMがオススメらしいですが。デスクトップユースで、ストレージを増設することは個人的になさそうですけどね。

それにその場合は、OSごとインストールし直してるだろうし。

また、ハードディスクを暗号がされるかチェックで確認されます。入れたほうがセキュリティとしては高いと思いますが…再起動時にログインとは別にコマンドラインでパスワードを入力する必要が出てきます。

ノートPCでもないし、これはなくても良いかも…。手間と引き換えに万が一の安全性を取るか。それとも気軽さを取るか。

この辺は使い方に寄っても左右されそうですが…。まあ、せっかくなのでONにしました。

それから、ハードディスクのフォーマットも確認します。

Ubuntuなどでは、特になにも考えなければ「ext4」でフォーマットされます。

Linuxの世界ではext4が多い気がするので、安定性を求めるなら「ext4」かなと思いつつ。

過去にこんな検証を見た記憶が…。

#概要 CentOS7のデフォルトのファイルシステムがXFSとなりました。 mkfsコマンドでも、minix, xfs, btrfsが使えるようになりました。 そこで気になるファイルシステムを色々調べ、ベンチマークを自分なり取ってみま...

これを見る限りだと「XFS」なのかなと。

SSDとの相性も良いと言うので。ストレージ系には進めないと書いてありますが、個人的にはデスクトップユースですし。Mysqlも使うときがありますが、そう大きなファイルを扱うこともないので。

まあ、趣味半分ですから、ものは試しということで「XFS」をチョイス。

ハードディスクのフォーマットが選択できると、タイムゾーンの設定。

お住いの国の近い年を選択してください。

あとは、設定の最終確認をして、承認したらインストールがスタート。

バタバタとインストールが進んでいきます。

インストールが完了すると…。

openSUSEが起動しました。

Ubuntuのオレンジに慣れためには、非常にシックなデザイン。

さて、これから設定をどんどん進めていきたいと思いますが、インストール作業はここまで。

というこで、まずは日本語環境を確認してみるかな…。

openSUSE 10.3 ビギナーズバイブル
  • まえだ ひさこ, 大津 真
  • 価格   Check on Amazon
クリックして今すぐチェック
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク