openSUSEでGoogle Chrome をインストールする方法

スポンサーリンク

Chromium じゃなくて、Chrome

一応、Chromiumがあるので、そちらでもいいじゃん。という考え方もあるんですが。

Google Chrome自体がChromiumからの派生であって、決してGoogle Chromeの方が本家ってわけでもないんですけどね。

とはいえ、Googleに毒されていると、Google謹製にしたくなることも(病気)。

ということで、openSUSEでGoogle Chromeを入れる方法です。

とりあえず、Chrome の stable版をインストールする形でご紹介します。

rpmファイルじゃダメなの?

Google Chrome は、最新のウェブ環境に対応した高速で安全な無料のウェブブラウザです。パソコンでぜひご利用ください。

公式サイトに行くと、ちゃんと「rpm」ファイルあります。

しかし、これをopenSUSEでインストールしようとすると、「署名がうんぬんかんぬん…」的な注意分が出てきます。

無視することもできるんですが、まあもしも。ということもあるので。無視しない方法でインストールします。

リポジトリを登録

まず、リポジトリを登録します。

sudo zypper ar http://dl.google.com/linux/chrome/rpm/stable/x86_64 Google-Chrome

zypperコマンドはubuntuで言うところの、「apt」みたいなものです。

リポジトリがダウンロードできましたら、次はリポジトリをリフレッシュしておきます。

sudo zypper ref

そして、Google Chromeリポジトリからダウンロードしたパッケージの完全性を確認するために、下記のコマンドを使用してGoogleの公開鍵をダウンロードしてインポートする必要があります。

wget https://dl.google.com/linux/linux_signing_key.pub

sudo rpm --import linux_signing_key.pub

ここまでできましたら、Chromeをインストール。

sudo zypper in google-chrome-stable

chromeがインストールできました。

最新版をインストールしたいという場合は、末尾の「stable」を「beta」にしてあげると、最新版が落ちてきます。

インストールされてしまえば、いつものChromeです。あとは、Googleアカウントを紐付ければOK。普段使っているChromeが出現。

毎回こういうことするたびに思いますけど、ブラウザーの設定が端末別で同期されるのって便利ですよね…。

昔はブックマークの移動やら、拡張機能の入れ直しなどそれだけで大変だったのに…。

[クローム] CHROME YALTA 2.0 BG194NITE Nite (ナイト)
  • CHROME(クローム)
  • 価格   ¥ 15,979 ¥ 17,280
  • 販売者 総合SHOP~ALTOLUSSO(アルトルッソ)~
クリックして今すぐチェック
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク