GIF 画像を扱うのは案外 LInux 環境が優れている?GIF 画像制作に新しい選択肢。デスクトップを GIF 画像で記録してくれるツール「Peek」を試してみた。

スポンサーリンク

ブログを書いていると、結構需要ありますかね?

デスクトップの状況を「動画で見せたい」。

一般的な使い方では、そんなニーズは無いかもしれませんが。

ブログで操作方法などを説明したりする場合などにニーズがありそうなのが、「デスクトップの録画」。

動画で撮影しても良いのかもしれませんが、簡単な作業であれば、いちいち動画にするよりは GIF 動画にしてしまった方が良い。

なんてこともあると思います。

はい、少なくとも私はそういうことがございます。

そんな時に便利なのが、「Peek」。

Linux の GIF 系アプリはだいたい「動画 → GIF」というものが多かったように思います。

しかし、Peek の特徴は「直接」デスクトップから変換できることです。

Peek をインストールする

まず、GitHub で公開されているファイルをダウンロードします。

【GitHub -Peek-】

こちらから、「.deb」ファイルをダウンロードしてきます。

2016 年 9 月 4 日現在、0.7.2 が最新版のようです。

ダウンロードしてきたら、ダブルクリック。インストールが開始されます。

まあ、あとは指示に従うだけ。

特に難しいことはありません。

1 点だけ注意。ffmpeg をインストールする必要があります。

事前にインストールされていれば、問題ありませんが、 ffmpeg が必要になります。

こちら、ターミナルコマンドから

$ sudo apt-get install ffmpeg 

でインストール可能です。

ちなみに「ffmpeg」とは何かと言いますと、

インストールされていない場合は、まずこちらを先にやっておきます。

インストールしたら使い方は簡単

使い方も簡単です。

とりあえず、アプリケーションを起動。

Linux Mint であれば、「アクセサリ」に登録されます。

peek-itemlist

Peek を起動するとこんな感じ。

常に画面の全面に枠が出てきます。

peek-use

この枠が、GIF を撮影する枠になります。

先にセッティングをしておく

Peek を起動したら、最初にセッティングすることをオススメします。

特にメニューはないのですが、枠の左上にある「Peek」のロゴを押すと設定画面がでてきます。

peek-preferences

「Preferences」から設定画面を立ち上げます。

peek-setting

こちらで、画像を保存する際にファイルマネージャーを起動するかどうかを選択します。

こちら、チェックを入れておきます。

撮影の開始は、枠の上部にある「Record」で開始。

終了するときは、同じく「Stop」で終了です。

上記の設定でチェックを入れておかないと、保存が終わったんだか終わってないんだかよくわからなくなります。

慣れればどうってこと無いんでしょうが、最初は戸惑うのでチェックを入れておいたほうが良いかと。

Stop を押すと、画像が保存されますが、これが結構待ちます。

動画のファイルが大きければ大きいほど時間がかかるようです。

GIF ファイルの重さは時間的な長さもそうですが、画像サイズが大きくても GIF 自体の容量も多くなります。

撮影においては優秀しかし…。

こちら、実際撮影した GIF 画像です。

Peek-test

こちら、2MB あります。

Peek 自体は、シンプルで非常に使いやすいアプリです。

ただ、ファイルが重くなりがちです。

特に web で公開しようと思ったら、結構辛い。

よって、リサイズしてアップする必要があります。

しかし、Peek では編集機能は持ちあわせていません。

上にある見本は、一度撮影した GIF 画像を「GIMP」でサイズを小さくしています。

そうしないと、10MB を超えるファイルサイズ。

これは web にアップする GIF を前提にしているとちょっと厳しいです。

なので、ファイルに手を加えることとなります。

動画から編集か、GIF を編集か

デスクトップを GIF 化しようと思ったら、動画で一度撮影してから、GIF へ変換するパターンが多いとお思うんですが。

Peek によって、GIF を直接撮影することができるようになりました。

ただ、web での公開を考えるとファイルサイズの重さが厳しい。

GIMP などでのリサイズ作業が必要となります。

手間としては、動画を GIF に変換するか、GIF をリサイズするかの差でしょうか。

手間に関してはそう大きな差は無いかもしれませんが、GIF の出力において細かな設定ができるのは現状「動画 → GIF」の方が詳細な設定が可能そうです。

素早く手軽に GIF 撮影したいときは Peek という感じでしょうか。

個人的には、Simple Screen Recorder でデスクトップを動画撮影してから、ffmpeg でコンバートした方がニーズには合いそうです。

「とりあえず、画面を GIF で録画したい!」

というニッチな希望があるときは、Peek が良いんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク