Xubuntu も飽きてきたので LinuxMint へ還る

スポンサーリンク

Xubuntu に大きな不満があるわけじゃないのですが

ちょっと飽きてきたかなと。

至極、精神的な気の迷いからディストリビューションをLinux Mint にすることにしました。

また新しい Ubuntu 14.10 あたりが出たら変えちゃうのかもしれませんが・・・。

移り気な性格はもうわかっていることなので

基本、いつ OS を入れ替えても問題ないように仕事のファイルなどは固定の位置でしか保存しないようにしています。

開発環境なども可能な限り引き継ぎしやすいようにしています。

とりあえず、こうしたデータたちをバックアップしてから作業にとりかかります。

最強のマシンメンテナンスは OS の再インストール

実は、この移り気な考えは「マシンメンテナンス」を考えた時と同時起きています。

そろそろファイルを整理したり、不要なアプリを削除したりするかー。

と、考えた時に起きます。

なぜなら、やっぱりマシンの調子をベストにするためには「OS をクリーンインストールしたとき」という経験があるので・・・。

OSX などはネットから更新がかかる仕組みになりつつありますが。

正直、あのやり方は気持ちが悪いのです。

やっぱりクリーンインストールしないと、どっか不具合を抱えてるんじゃないかと不安になるわけです。

確かに普段から、OS の入れ替えの用意があるとはいってもアプリの再インストールやら、開発環境の構築などちょっと面倒くさいんですけどね・・・。

じつは、ちょっと不具合も出ていた Xubuntu

実は、ちょっと前からマシンを起動すると、システムエラーが出るようになっていた Xubuntu。

この原因は、おそらくなんの考えもなしにアップデート通知を盲目的に受け入れていたため。

と、思われます。

正直、いつか出てくるだろうなとは思ってました・・・(笑)

xubuntu-error

まあ、使用にあたって特に問題がなかったので放置してましたが、この機会に対処。というか、全てをなかったことにします。

Linux Mint と Ubuntu はアップデートの適用レベルが違う

以前、Linxu Mint の開発者と Ubutntu の開発者がアップデートの考え方の違いで批判しあっていた事が記事になっていました。

【過去記事】
Ubuntu開発者がLinuxMintを批判。個人的には勉強になりました。

この記事から推測するに Linux Mint の方がアップデートに関しては気を使っている?ようです。

そういうこともあり、ふと Linux Mint を入れてみるか。

という気になったという経緯もあります。

Linux Mint の Live USB を作成する

毎度毎度のことですが、USBからインストールしますので、USBへ Linux Mint の ISO ファイルを焼きます。

ところで最近、「焼く」ってあまり言わないんですかね・・・?

この時便利なのが Unetbootin

unetbootin

Ubuntu ソフトウェアセンターで検索すると、でてきます。

こちらで Live USB を作成。

この前に、ISO データが必要なので Linux Mint 公式サイトからダウンロードしておきます。

【Linux Mint 公式サイト】

linux-mint-Qiana

Linux Mint is an elegant, easy to use, up to date and comfortable GNU/Linux desktop distribution.

今回は、ver 17 Qiana の cinnamon を選択。

Xubuntu を使っていたので、Xfce も考えたんですが・・・。

せっかくなので、ガラッと変えます。

久々に cinnamon 使ってみたいですしね。

というわけで、cinnamon 64bit 版をダウンロードしました。

ダウンロードした ISO ファイルを Unetbootin を使って Live USB を作成します。

unetbootin-main

Unetbootin を起動したら、「ディスクイメージ」を選択して、ダウンロードした ISO ファイルを選択します。

後は、USB のパスを間違えないようにして、実行するだけです。

Unetbootin-finish

数分もすると、完了です。

終わると、再起動するか終了するか選べます。

通常の PC 設定では再起動しても、USB からブートするようになっていなくてはインストールできません。

BIOS の設定を変えておく必要があります。

BIOS の設定変更は、起動時(メーカーのロゴが出ている時とか)に F2 とか F8 を押しながら起動させます。

このへんは使用している PC によって違うので個別にご確認ください・・・。

あとは、指示にしたがってインストールするだけ

USBから起動できたら、あとはインストール作業を進めるだけです。

信じても良い?ミラーサーバースピードの測定値

インストール段階で気になった機能が1つ。

以前はなかったと思うんですが、システムアップデートをする際のミラーサーバースピードを表示してくれる機能。

server-spead

デフォルトはそんなに早くないとは思っていたんですが。

これをみるかぎり台湾が早そうですね。

それから、オーストラリア。

ミラーサーバーといえば、「JAIST」とばかり思っていましたが・・・。

人が集中しているんでしょうか・・・。

久しぶりの Linux Mint です

インストールした感じやはり、Xubuntu より表示が滑らかな感じはします。

そのへんは、cinnamon によるところが大きいと思います。

大量のアップデーをいちいち吟味しなくてもよい?

Xubuntu から乗り換えるきっかけとなった、アップデートによる不具合?

に関しては、フィルタリングがかかります。

update-filter

Linxu Mint チームでチェックができていないものは、Lvel 4,Lvel 5。ということで基本設定ではアップデートの対象にはなりません。

もちろん、設定すると最初からチェックを入れることも可能です。

個人的にはアップデートがかかったら、「はい、はい」と適用してしまう人間にとっては、助かります。

実際、なにも考えずにアップデートしていると不具合を起こすこともありますからね・・・。

とりあえず、雰囲気を変えてしばらくは、Linux Mint で様子をみてみます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク