実際仕事で使って決めました。オススメ Linux ディストリビューションはやっぱり Linux Mint だという結論

スポンサーリンク

フランス産 ディストリビューション Voyager を使って半年

全然不満はないです。

むしろおすすめしてもっと使う人増えても良いんじゃないかなー。

とすら思っています。

Voyager も新しいバージョンを作っているということで。また進化するみたいです。

今後も楽しみなディストリビューションです。

とはいえ、今回使っていて「じゃあ、他人にオススメするなら?」。

と、いわれるとやはり「Linux Mint」になりそうです。

そのへん、なんでなの?

というとこを詳しくご紹介です。

使ってきた ディストリビューション

過去に使ってきたディストリビューションたちです。

  • Ubuntu
  • Linux Mint
  • Xubuntu
  • Lubuntu
  • Voyager
  • Arch linux

といった感じです。

一応、主張しておきたいのはこれら全て「仕事」使いをしてきたということです。

仮想マシンに入れてちょっと触ったとかではないです。

主に Web 関連のお仕事で使ってきました。

画像処理、コーディング、プログラミング(PHP,Python)、その他もろもろ。

困ったこともありましたが、お仕事として使ってきました。

ほとんど、Ubuntu ベースのディストリビューションなので極論「同じ」っちゃ同じですが・・・。

その結果。

その中でも最も使い勝手が良いのは「Linux Mint」だろうと、うすうすそうは思っていたんですが。

この結論に至っております。

Linux Mint の何が良いのか

1,安定性が高い

まず、なんだかんだ安定性が高いです。

ここしばらく使った Voyager ですが、アップデート通知がしょっちゅう来ます。

言われるがままにアップデートしているとろくな事になりません。

不具合の原因になります。

Linux としてはある意味常識といえば常識かもですが・・・。

以前と比べれば、だいぶその辺も「考えなくても大体オッケー」になってますが。

ただ、気を抜くと「ん?なんか変じゃないかな?」となります。

Ubunu でもそうですが、アップデート来たからと言ってホイホイ乗っかるのも危険です。

セキュリティ的には良いのかもしれませんが、日常使いとしてトラブル可能性があります。

特に仕事使いでこれが起きるとストレス大きいですから、結構深刻な問題になります。

Linux Mint はそのへんちょっと違う

Linux Mint のアップデートはちょっとしっかりしています。

前にも紹介したことがあるんですが、Linux Mint チームがある程度フィルタリングしてくれます。

Ubuntu開発者がLinuxMintを批判。個人的には勉強になりました。
LinuxMint側は冷静に「対応」 と、炎上必死の状況ですが、とりあえず、大事にはならず・・・? Canonicalの開発者が...

以前、この対応について Ubuntu 側が「最新に更新されていないから、安全じゃないよ!」。

と、文句を付けたことがありました。

Linux Mint 側は「それは盲目的」と反論。

ユーザーの使いやすさに配慮すべきと反論。

まあ、どちらの言い分も判りますが。

個人的には「過剰な防衛」より、「適度な使いやすさ」を取りたい方です。

安全も大事ですが、「使い勝手」が犠牲にされてもですね・・・。

Linux Mint はこのフィルタリングをしてくれます。

そのため、いちいち「このファイルはアップデートしても良いか?」を検証する事が圧倒的少なくなります。

Linux は初めて。という方にもオススメしやすいです。

2,使いやすい(細かいところを気にしなくていい)

アップデート面もそうですが、基本的に Linux Mint や Voyager にしても、ベースにあるのは「Ubuntu」です。

なので、使い勝手は似ているところも多いといえば多い(ただしインターフェースがガラッと違うのでそう思えないことも多い)。

使えるアプリや、トラブルがあったときもだいたい Ubuntu と同じ対応で解決します。

じゃあ、何が違うの?と、いえば「細かい点への配慮」。

細かい点って何?

というところなんですが、これは非常に微妙なところ。

簡単に列挙すると、

  • マウス制御
  • ディスプレイ制御
  • 省エネ対応(ラップトップでの仕様)

という点がしっかりしているのが Linux Mint です。

Ubuntu も遜色は無いとは思います。

ただ、Voyager や Lubuntu Xubuntu と差を感じるのは毎回この点です。

デュアルディスプレイにした時、ストレスを感じる。

マウスを変えると、挙動がおかしい。

1時間持って移動したら、電源切れてた。

そういったトラブル?にあわないのも過去の経験から言うと Linux Mint だと思います。

特に仕事で使う上では、ちょっとしたことがストレスだったり、困ったことを引き起こします。

ある程度、Linux に慣れてきたらそういったトラブルにも対応しやすいとは思いますが、最初のうちはそれだけでも対応するのに時間がかかりますからね。

web 系のフリーランスには Linux オススメですけどね

.ai ファイルや .psd .png(Fireworks)等の Adobe 製品のファイルのやりとりが多いという方には向きませんが。

web のシステム系のフリーランスなら結構使えると思います。

個人的には、システム系とは言えないないですけど・・・。

なんとか使っています。

Linux を使うことのメリットは?

使っていて思うメリットは、「高いソフト」に頼らなくて済むこと。

自分の使いたいようにカスタマイズしやすいこと。

最近ガッチガチの仕様で守られている OSX(まあ、これは昔から)や、Windows に比べて自由で楽しいとは思います。

あと、個人的に Linux を扱い始めてよかったなーと思うのは、いわゆる IT の本質がわかったということ。

原理原則っていうんですかね。

最近は誰でも簡単に、「インターネット接続」できる環境が整っていますが、その仕組みをしっかり根本から向き合うことになる可能性がある Linux。

使っていると、Windows や Mac を使っている時には全く意識しなかったことをちゃんと勉強させてくれます(最近の Linux も考えなくてもつながったりしますけどね)。

それが「めんどくさい」となってしまうと、合わないかもしれませんが、学んでみたいなと思えればぜひオススメです。

そのへんがわかってくると、プログラミングや、web のコーディングやっていても「あ、そういうことなんだ」。

と、なんとなく判っていた知識が「カチッ」と音をたてるように噛み合うことがあります。

これは、これで快感。

極論ですけど、「web の知識はそんなに無いんだけど必要に駆られて Web の営業やってます」。

という人には是非オススメしたいです。

絶対、視界が広がりますから。

営業成績だって絶対上がりますて(多分)。

最近、そういった知識が無いんだけどやらざる得ないとなっている「広告代理店の営業マン」や「紙系の営業マン」の方と行動することが多いのですが、本当にそう感じます。

営業しているのが、広告媒体だったりするとかなり遠回りに見えると思うんですけど。

Linux で基礎を築けたらかなりすごい営業になってる気がするんだけどなー。

と、話がだいぶ Linux Mint の良さから離れていますが・・・。

そう言いつつ、elementary OS を入れてみるかな・・・

と、Linux Mint をだいぶ持ち上げましたが、今使っている Voyager から elementaly OS へ引っ越してみようかなと。

これは昔思ったことなんですけど、とある「炭酸水(ジュース)好き」を公言する方がいたんです。

しかし、その方「炭酸はウィルキンソンに限る」。

と言って、ウィルキンソン以外の炭酸水は飲まないわけです。

好きなものがあって、それをずっと飲むというのは全然良いんです。

ただ、本当に「ウィルキンソンが炭酸水として No1」を常に検証する必要があると思うんですよね。

新しい商品は次々と出ているわけで。

まあ、市場に残る商品は僅かと言われますが、その中に市場には受け入れられない「名品」があるかもしれない。

それは、「ウィルキンソン好き」は成立すると思うんですけど、「炭酸水好き」は成立しなくなると思うんですよね。

飲んだことのない炭酸が山のように増えていくわけですから。

まあ、個人的に何かを背負っているわけじゃないんですが、良い Linux ディストリビューションを見つけるにはいろいろ見たほうが良いと思うんですよね。

ということで、引き続き OS 放浪の旅を続けようと思います。

また、Voyager は次のバージョンを開発しているとのこと。

結構変わるっぽい?

これはこれで、楽しみにしたいですね。

3月にはリリースされるみたいなので、その頃にはまた帰ってくると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 放浪中 より:

    記事の内容に割と共感いたしました!(ただ,炭酸はウィルキンソンに限る派です笑)
    普段はアプリ開発などでMac,Windowsを使うのですが,Linuxもプライベートで使うようにしてます.食わず嫌いせず色々試したいというのも理由の一つですが,Linuxの思想や考え方などが割と好きというのもあります.あと,Linuxは使ってて楽しいですよね!
    主にメインで使うLinuxはUbuntuやLinux Mintですが,たまに趣向を変えてopenSUSEなんかもインストールしたりしてますね.