【Linux Mint Debia】Gimp2.8をインストール

スポンサーリンク

Gimp2.8をインストール

Linux Mint13ではどうなっているのか把握していないのですが(12では無理でした)
Linux Mint DebianでGimp2.8をインストールします。

Linux Mint13でのインストールが確認出来ました。
http://linux-kotohajime.blogspot.jp/2012/06/linux-mintgimp.html

方法はこちらで紹介されたものを参考にしています。
まずレポジトリを設定します。
Linux Mintを使っているので、「ソフトウェアの管理」から追加してみます。
deb http://ftp.de.debian.org/debian/ testing main

「ソフトウェア管理」>「編集」>「その他のソフトウェア」左下の「追加」で追加。

sudo apt-get update

アップデートしたら、インストール

sudo apt-get -t testing install gimp

インストールしようとすると、依存関係からいくつかたりないものが 追加されます。

場合によては、以下のようになる場合もあります。

※個人の環境によって違うようです。

いくつか依存関係の解決のため、アイテムを「削除」すると表示される場合があります。
これは、どうしよう。と悩むとこなのですが、私はまあ、思い切ってやって見ました。

すると、cinnamonの初期の画面。

こんなテーマですね。

これが起動しなくなりました。別のテーマに切り替えられます。

表示された内容の保存を忘れたんですが、そういや削除対象がcinnamon〜と
いうようになっていたような・・・。

調べたところ、通常のdebianにcinnamonは入らないそうです。
もしかしたらその関係かもしれません。

ちなみに削除されたあとは、

こういった感じになりました。

まあ、変えようと思っていたのでいいかなと。(変えたくない方は要注意で)

Gimpですが、ちゃんとインストールされました。

シングルモードは最初から設定されていないので、メニューバーより
「ウィンドウ」>「シングルモード」にチェックで実行されます。

注意:レポジトリのチェックは外しておく。

今回追加したレポジトリですが、Gimpのインストールが終わったら、更新されない
ように「ソフトウェアの管理」からチェックを外しておきましょう。

そうしないと、大量のdebianのアップデートがかかります。アップデートすると
cinnamonが削除されます。cinnamon desktopを利用したい方は、更新しないように
してください。

ちょっと依存関係でトラブルを起こしそうな雰囲気満載のようですが、
Gimp2.8をどうしても扱いたい方はお試しください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク