【Linux Mint(Ubuntu)】chrome youtubeなどの再生が勝手に早送りに

スポンサーリンク

いつのまにやら、youtubeが(見れるけど速すぎて)見れない。

どういった状況でこうなってしまったかは不明ですが、実際行ったのは以下の作業。
  1. 今まで使っていたchromiumが何かと不具合があるので、削除
  2. Google chromeをインストール
  3. ブックマークや拡張機能やらをアカウントと同期して復活。
と、これで普通に使えていたのですが、youtubeの動画を再生するとびっくり。
動画の再生スピードが倍速(それ以上?)になっていました。
これは、何かFlashの問題かと、chromeをインストールしなおしたのですが、
全く改善しない状態でしたが、ようやく判明した原因は、「HTML5対応」でした。
現在、youtubeではFlashを使わなず動画を再生できる仕様になっています。
試験運用のため通常はOFFになっている?ようです。
下記のサイトにいくと、設定を確認できます。
自分の場合は、HTML5での再生はOFFだったのですが、ONに切り替えて
設定を見たところ、なんと2倍に。設定は実際の動画の右下の「設定」の
項目から確認することができます。
これを標準にすると、普通に再生するようになりました。
これはHTML5に対応しているブラウザなら、設定が可能のようです。
逆に言うと、対応していないブラウザではこの設定は使用できないようです。(未検証)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク