【Linux Mint】wineでGoogle sketchup を入れる

スポンサーリンク

Ubuntuでも可。wineでGoogle Sketch upをインストール

wineに関しては、wine1.5.6のPPAもでていますので、そちらも参考にされてください。
ちなみに今回は、古いバージョンの1.4でやっています。
既存のPPAからはこちらがインストールされると思います。(もしくは入っている?)
ちょっと説明がざっくりすぎるかもしれませんが、wineはLinuxでwindowsアプリケーションを起動するアプリです。
これを使うと、windowsのアプリがLinuxでも使えます。もちろん全てではありませんが、Google sketch upは動いてくれます。
【環境】
linux mint 13
wine 1.4
Google sketch up8(フリー版)
ダウンロードするのはもちろんwindows版です。
いわゆる.exe拡張子のファイルです。
上のリンクからファイルをダウンロードしたら、あとは.exeを
ダブルクリックするだけです。
勝手にwineがGoogle sketch upをインストールしてくれます。
インストールされるといくつか、確認事項が出ますが、基本OKを押していけば
インストールは完了します。
デスクトップにショートカットが作られます。
これとは別に、.linkというファイルもできますが、削除しても問題はなさそうです。
こちらをダブルクリックすると、Google sketch upが起動します。
しかし、エラーがでます。
OpenGLが初期化できない〜といったエラーがでて強制終了します。
これを回避するためにひと手間必要です。
まずは、下記のエディタを起動してレジストリを変更します。

wine regedit

次に、ディレクトリを下がっていきます。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Google\SketchUp8\GLConfig\Display

最後に、HW_OKの値を0から1へ切り替えます。

以上です。あとは、もう一度Google sketch upを起動すると、起動すると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 両角 勇 より:

    よろしくお願いいたします
    参考にさせて頂いております、有難うございます
    >OpenGLが初期化できない〜といったエラーがでて強制終了します。
    >これを回避するためにひと手間必要です。
    >まずは、下記のエディタを起動してレジストリを変更します。

    wine regeditを編集とありますが、これが何処に有るのかわかりませんのでこのへんからの詳しい手順を宜しかったらお教え願います。
    雑誌の付録についてきた Linux Mint 17.3 Rosa をインストールしてあります。

    • ざかしんく より:

      コメントありがとうございます。

      説明不足ですいません! $ wine regedit と、コマンドを実行してみてください。

      そうすると、エディターが起動したかと・・・。

      今、OS を移行してて、手元で確認出来ないので、ちょっと記憶が薄いですが。

      もし不明な点がありましたらまたご連絡下さい。

  2. 両角 勇 より:

    管理人様、ご親切に有難う御座いました

    コマンドで立ち上がり、説明通りに実行しましたら
    お陰様で使えるようになりました。