【Linux Mint】Linux Mint debian editionへ乗り換える

スポンサーリンク

Linux Mint Debian Editonに乗り換える

実際この作業をした時には、まだ「Linux Mint13」はリリースされておりませんでした。
と、いっても、Linux Mint13がリリースされていたらそっちを使っていたかというと
そうでもないと思います。
Linux Mint 12から移行というか、インストールしなおしです。
Linux MintのサイトでもFAQにて記載されていますが、
1. Is LMDE compatible with Ubuntu-based Linux Mint editions?
No, it is not. LMDE is compatible with Debian, which isn’t compatible with Ubuntu.
こちらはあくまで、debianがベースとしていて、Ubuntuをベースとしていな。

つまり、Ubuntu的なものは期待するな。という事のようです。

個人的な感想としては、アプリケーションソフトのインストール時に
あれがない、これがないと、依存関係でエラーがよく出ます。

Ubuntuでも出ないわけではないですが、頻度は明らかに増えています。
このへんが苦手という方はおすすめできないかもです。

1,Linux Mint Debian をインストールする。Linux Mint12との相違点

 相違点:自分でパーティションを区切る必要がある。
     いわゆるスワップ領域の割合とかです。このへんを自分で考える
     必要があります。

 最初にこれらを設定する必要があります。このスワップやパーテションをどう分けるか
 残念ながら私に十分な知識が無いので、参考にしたURLを記載します。
 http://joichi.dip.jp/wordpress/?p=1742

 ちなみに私は、スワップを2GB パーテションは単体(分割せず)になっています。

 実際、スワップはどうなるのだろうと、一応意識していますが、実際Chromeブラウザ
 と、Skypeを起動している状態だと、以下のような感じです。

ほとんど使われていません。ただ、なくてもいい。というシロモノでも無いようなので
 しばらくこのまま様子を見てみようと思います。

 現状は、実メモリ 4GB スワップ 2GBです。

 Linux系のサーバー運用などでは、昔「実メモリの2倍」という目安があったようですが
 さすがにこれに従う必要はないと思われます。

 このパーテション作業が完了すると、あとはスムーズに実行されると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク