【Linux Mint】cinnamon デスクトップをインストールする

スポンサーリンク

cinnamon 1.3が公開されました。

Linux Mintチーム、デスクトップ環境「Cinnamon 1.3」を公開なんて言うニュースが今日、2月23日でてました。

Linux Mintが独自開発したデスクトップツールcinnamonですが、
 特にUbuntuの今のUIを受け入れられず、LinuxMintへと流れてきた私としてはこちら、
非常に注目です。

 記事によると正式採用は次のLinux Mint13からのようですが、Linux Mint12でも
ちゃんと導入できます。

 以下のサイトで各ディストリビューション向けのインストール方法が紹介されています。 http://cinnamon.linuxmint.com/?page_id=61 

Linux Mintは既にレポジトリが設定されているので

sudo apt-get install cinnamon

で、インストールされます。

で、その使い勝手ですが、基本Linux Mint12のGNOMEと似ています。
しかし、上にあったツールバーが全部下にまとめられていれ視野が広く感じます。
 細かなところで行くと、左下のMenuを選択肢たときのウィンドウが広くなって
選択しやすいです。 
OSXライクなウィンドウの全表示は、左上のコーナーへマウスオーバーすると実行されます。 (無限みたいなマークはありません)
あと、これもOSXライクですが、「ALT+TAB」でのアプリケーションの切り替えも
初期設定で可能です。
 だいぶGNOMEバージョンより使いやすそう! 
というのが、まだ入れたばかりの初見です。 
これで、GNOMEより消費電力が抑えられているとさらに助かるのですが・・・。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク