Arch Linuxに手を出してみる。

このブログを始めたときは、「Debian」を触っていたのですが・・・。

気がついたら、Debian→Ubuntu→Lubuntu→Linux MintとOSを変遷してきたわけですが。
随分Linux Mint馴染んでいたのですが、今回のOlivaリリースにあたって、
アップデートに手こずったわけです。
新しいOSが半年ごとに出るわけですが、毎回新規インストールはしんどいのです。
「ああ、そろそろローリングリリースタイプのLinuxなのかなー。」
と、思い出した今日このごろなのです。
ただ、ローリングリリースといえば、Linux Mint Debianはセミローリングリリースというスタイルをとっています。
Ubuntuもローリングリリースへの模索をしているらしいので、まあ焦らなくてもいいのかも。
と、思いつつ。意識はArch Linuxへ。
Linux Mint Debianも魅力的ではあるものの、個人的に導入する環境はノート型PCです。
Linux Mint Debianは、過去導入したものの、電力消費の激しさに断念した経緯があるため入れづらいです。いまは改善されているのかな・・・?
じゃあ、Arch Linuxのノートへの導入は大丈夫なのかよ?
と、なるわけですが、まあ。ものは試し。そもそもJupiter自体がいなくなってしまったいま、
TLPを入れたりすることになりそうですが、それならArch Linuxでもいけそうだしね。と、

いきなりマシンに導入するのも怖いので、一旦は仮想環境「Virtual Box」にてお試しです。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク