【debian】Linux版 Adobe AIRを入れてみる。

そもそもの動機は、Linuxにもtwitterクライアントを導入したい。
というものでした。仕事プライベート問わず、OSがOSXと、debianを
行ったり来たりするので、どちらでもあるクライアントが良い。
と、思っていたのですがちょうど良い感じのtwitterクライアントがありました。
spaz
http://getspaz.com/#desktop-download
ちょっとデザインがファンキーで見にくいですが、上記サイトからダウンロード
可能です。
ただ、こちらAdobeのAIRで動く代物ですので、spaz自体より先に
AIRをLinux側にインストールする手間が必要です。
ここでは、debianでのインストール例です。

1,AdobeAIRInstaller.binファイルをAdobeサイトからダウンロード。
spazサイトからもいけます。
2,.binファイルをダウンロードしたフォルダへ移動。

cd [フォルダ名]

3,ファイルに実行権限を付与。

chmod +x AdobeAIRInstaller.bin

4,実行。

sudo ./AdobeAIRInstaller.bin

これで、あとはGUIの案内が出てくるかと思います。
支持に従って設定すれば完了。あとは、spaz本体をダウンロードして
ダブルクリックでインストール出来ます。

OSプラットフォームがころころ変わる人間には、Airって結構便利。かも。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク