【debian】fluxboxの使用感

Fluxboxを利用して暫く経つのですが、正直な感想として。

あんまり使いたいと思わないのが現状です。
なんか、lubuntuでも同じようなことを言ってましたが、なんでしょう。
使いたくならない・・・。
と、いうか使う状況に持ち込めない。
正直Fluxboxに馴染めないというのもあります。
ちょっと独特というのと、やはり他のデスクトップマネージャーと比べて
頼りなさ?うーん、これも使い慣れてないだけなのか・・・。
とにかく馴染みません。
現在メインマシンはosxです。主にpythonでの開発や、ターミナルでのファイル処理
ウェブブラウジング、メール、サイト作成が主な業務です。
この補助的な役割をもとめて、ネットブックを購入したのですが、
いまいち使うタイミングになりません。
まだ、思ったほど環境をととのえてないのもありますが
どうも、もっと違うものがある気がします。
煮え切らない感じですが、環境は大事にしたいので時間をかけてもつくっていきたいな
思うので、勝手にゴネながら考えてます。
OSXと合わせるなら、FreeDBSなのかな・・・。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク