【debian】debian USBインストーラーをつくり直す(成功事例xp環境)

※※この方法はwindow7、vistaの方は成功しないかも。
XP環境のみで成功してます。(10月10日追記)

Unetbootinでのインストールはどうも、インストーラーが作動してくれませんでした。

というわけで、別の手立てを考える必要が出てきました。
こちらのサイトを読むと、どうもUSBインストーラーはUnetbootin意外にあるようです。
とりあえず、よく読んでみるとsyslinuxというシステムをUSBにインストールする
ようです。Linuxをブートするシステムみたいです。
これにDebianのブートイメージを合わせると良いようです。
windowsの環境が必要です。
詳しくはこちらのサイトにも記載されています。
このブログで解説する内容もほぼ同じです。
1、syslinuxをダウンロードしてきます。
こちらから、最新のを選んでください。
ダウンロードしたら、解凍します。
2、解凍したら、コマンドプロンプトを立ち上げます。
コマンドプロンプトから、作業ディレクトリを、先程解凍したフォルダへ移します。
移動したら、
# runas /usr:hoge “syslinux -ma f:”
と、入力します。
といっても、hogeは、お使いのwindowsのユーザーネームを入れてください。
また、最後の”f”はUSBの場所です。環境によっては、Eだったりします。
ご注意ください。
3、Debianのbootimgを手に入れます。

ここが、windowsにとっては面倒な箇所です。
ダウンロードした、イメージファイルをマウントする必要があります。

windowsでマウントというのは、ちょっとめんどくさいです。(個人的感想)

イメージファイルをマウントするソフトをインストールする必要があります。

DAEMONtools
私の環境が、windows7じゃないので確認してませんが、このソフトはwindows7と
相性が悪いとか・・・?
また、今回肝心な「img」拡張子をうまく認識しないようです。
私の環境だけ?かもしれませんが。

Virtual CloneDrive

私の環境ではこちらを利用してマウントしました。

4、マウントしたら、中身のデータをUSBにコピーします。
.ldlinux.sys
このデータはコピーしないでください。
せっかく先程インストールしたsyslinuxがだめになってしまいます。

これで完了です。

USBができたら、インストールするマシンにセットしてUSBから起動しましょう。
インストール画面が始まります。


ちなみにですが、今回のインストールでは「必要最小限」だけを
インストールします。


よって、標準システムしかインストールしません。
デスクトップ環境はあとでインストールします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク