【debian】debianのインストール方法・手順(4)Unetbootinをwindowsから利用(失敗事例)

USBの直接の起動に失敗したUnetbootinですが、今度は、windowsから、
.exeファイルを使って起動する方法に切り替えて、挑戦します。

windowsの場合は、普通にUSBをさして、中身を見るだけです。

そうしたら、windows.exeというファイルがあると思います。
こちらをダブルクリックすると、準備スタートです。

ダブルクリックするとインストールが始まります。
途中、「64bitが動くけどどうする?(実際は英語です)」と聞かれますが、
私はi386のままで行きます。深い理由はないのですが、
慣れないのに64bitとか比較的新しい技術に手を出すのは得策ではないという
保身的な発想です。よって、途中でやめずに続けます。

止めずに続けると、PCを再起動するように求められます。

再起動する際には、F2などを押して、どのソフトで起動するかを選択します。
これもメーカーによって押すボタンが違う何もしれませんが、
前回の投稿と少し違うのは、

前回は、「どのハードウェア(HDDとか、USB)

今回は「どのOS(windowsとか、Linuxとか)を選ぶのが目的です。

私の場合は、F2だったので、F2を選択します。

実際、F2を選択すると、最初からインストールされているwindowsと、
さきほど準備したDebianが選択できます。

今回はDebianをインストールするのがメインテーマですのでもちろん、
Debianを選択します。

選択するとこんな画面が出てきます。
Install
と、
Graphical install
というのがあるので、初めての方は「Graphical install」を選択してください。
どちらも試したんですが、聞かれることは同じです。
ただ、Graphical installのほうが今時です。

こんな雰囲気の画面になります。まずは環境を選んでください。
日本語が良いと思われます。

次はキーボードです。日本語106が一般的でしょう。

と、順調に進んできたんですが、ここから、エラーがでました。
どうも、CD/DVDからデータが読み込めないとの意味の表示が出いるようでした。

私の環境では、もちろんUSBの事なんですが。どうも巧くUSBインストーラーが
作れていなかったようです。

前の記事での方法でもダメでしたので、これまた他の方法でUSBインストーラーを
作る必要があるようで・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク